• ホーム
  • 芸能
  • 堺雅人×高畑充希 大河&朝ドラ主演が初共演 『鎌倉ものがたり』映画化

堺雅人×高畑充希 大河&朝ドラ主演が初共演 『鎌倉ものがたり』映画化

 俳優の堺雅人と女優の高畑充希が映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』(12月9日公開)で初共演する。昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』の主人公と、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインが新婚夫婦を演じる。

 メガホンをとるのは、映画『ALWAYS三丁目の夕日』や『永遠の0』、『STAND BY ME ドラえもん』などのヒットメーカー、山崎貴監督。『AWAYS…』の原作となった漫画『三丁目の夕日』と同じ西岸良平氏のロングセラーコミック『鎌倉ものがたり』(双葉社『月刊まんがタウン』連載)を映画化する。

 山崎組初参加の堺は、戦国武将から一転、今作では、鎌倉に住み普段から和装を好む、鉄道模型やプラモデル、骨董収集など多趣味なミステリー小説作家・一色正和を演じる。映画は、2013年『ひまわりと子犬の7日間』以来、4年ぶりの出演となる。一方、高畑は一色と結婚したばかりの年の離れた妻・亜紀子役。

 先月23日にクランクインした堺は「『真田丸』以来、1年半ぶりの撮影初日だったので、きょうは新鮮な気持ちで臨みました。きょう一日撮影してみて、僕の演じる一色は、佇まい、熱中するところ、物腰の柔らかいところ、でも頑固なところなど、山崎監督によく似ているなと思いました。これからの演技の参考にします」とコメント。

 高畑も『とと姉ちゃん』以来、1年半ぶりのクランクインで、「すごく緊張しましたが、全力でタックルしても受け止めてくれそうな堺さんの包容力に、いつしかすっかり安心しきってしまいました」とニッコリ。「原作の中で、亜紀子が小学生に間違われるというエピソードがあるのですが、私自身も20歳を越えてから小学生みたいだとからかわれたことがあり、亜紀子さんと通づるものを感じています。そして、そんなチャーミングな役をいただけたことをとてもうれしく思っています」と話していた。

 堺、高畑のほかにも堤真一田中泯國村隼薬師丸ひろ子三浦友和ら山崎組常連俳優から今回山崎組初出演となる、安藤サクラ中村玉緒らの出演が決定している。

 物語の舞台となる古都鎌倉には、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。犯罪研究や心霊捜査の腕を買われた一色は、ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される。どうやら人間の仕業ではないようで…。さらに、鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってく。

 山崎監督は得意のVFX(視覚効果)を駆使して「たくさんの魔物や幻想的な風景を登場させるつもりです」。阿部秀司エグゼクティブプロデューサーは「いま、日本人が待ち望んでいる、この“懐かしさ”をお届けしたい」と話している。



関連写真

  • 山崎貴監督最新作、映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』(12月9日公開)堺雅人と高畑充希が“新婚夫婦”役で初共演(C)2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会
  • 出演者には山崎組の常連も新顔も(C)2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会

オリコントピックス