• ホーム
  • 芸能
  • テレ朝、シニア世代向け“昼ドラ”枠新設 石坂浩二主演、倉本聰脚本ドラマ

テレ朝、シニア世代向け“昼ドラ”枠新設 石坂浩二主演、倉本聰脚本ドラマ

 主演に石坂浩二を迎え、脚本家・倉本聰氏がシニア世代に向けて書き下ろすテレビ朝日系ドラマ『やすらぎの郷』(月〜金、後0:30〜0:50)が、昼の帯ドラマとして4月3日より放送されることがわかった。正午からの『徹子の部屋』に続く形となり、石坂は「“テレビ朝日のひとつの方向性”というべきものを背負っていかなければと、いま、改めて感じています」と、思いを新たにした。

 同ドラマは、テレビ朝日が新設する帯ドラマ枠の第1弾。倉本氏は、夜のゴールデンタイムに若者向けのドラマが数多く放送され、大人の観るドラマが少ないという現状に対し、ゴールデンタイム以外の放送枠で毎日放送する、大人のためのシルバータイムドラマを企画。その提案を受けて、テレビ朝日が“帯ドラマ劇場”を設けることになった。

 舞台となるのは、テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム『やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)』。かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄(石坂)を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちが直面するさまざまな問題をユーモラスに描いていく。

 石坂は「これまであまり描かれていなかった題材に挑む、パイオニア精神に満ちた作品。これからのテレビ番組の多様化に向けて、ぜひ皆さんに応援していただきたい」と力を込めてPRしている。

 往年のスターたちが勢ぞろいするシーンの写真も公開された。菊村が初めて「やすらぎの郷 La Strada」に足を踏み入れたとき、往年のスターたちがズラリと彼の目の前に現れるシーン。大物俳優の葬儀にそろって参列していたという設定のため、全員、喪服で登場。浅丘ルリ子有馬稲子加賀まりこ五月みどり野際陽子八千草薫(※五十音順)らが一様に“黒の喪服”を身にまとった居並ぶ様子はインパクト大。撮影現場は不思議な雰囲気に包まれ、スタッフも圧倒されていたという。

  “お嬢”のニックネームを持つ女優・白川冴子を演じる浅丘は「いまどき、これほどの役者がそろう作品はめったにないでしょう。年齢的に考えても最後のチャンスかもしれません。いまのシニア世代の方々に通じる物語がたくさん描き出されていて、とても勉強になるドラマ」と、脚本とキャスティングを絶賛。

 そんな浅丘演じる冴子と丁々発止のやり取りを繰り広げる女優・水谷マヤ役の加賀も「すばらしいキャストの皆さんがそろったのは、倉本(聰)さんの脚本だからこそ。台本を読んで、こんなにも“面白い!”と思える作品には、滅多に出会えるものではありません。もう“遺作”になってもいいと思っているぐらいです」と語っている。



関連写真

  • テレビ朝日系にお昼の帯ドラマ枠が誕生。主演・石坂浩二(写真)、脚本・倉本聰氏『やすらぎの郷(さと)』4月3日スタート(C)テレビ朝日
  • (左から)八千草薫、有馬稲子、五月みどり、野際陽子、加賀まりこ、浅丘ルリ子(C)テレビ朝日

オリコントピックス