• ホーム
  • 芸能
  • 麒麟・田村裕、第2子女児誕生を“再報告” ネットで公表も「全くざわつかなかった」

麒麟・田村裕、第2子女児誕生を“再報告” ネットで公表も「全くざわつかなかった」

 お笑いコンビ・麒麟田村裕(34)が31日、都内で行われた『ベビースターキャラクター引継ぎ式』に出席。報道陣の囲み取材で「今月、第2子となる娘が生まれまして…」と次女の誕生を報告した。田村は16日、ネットで連載しているコラムで「1月7日に第2子となる娘が産まれました。母子ともに健康で病院に着いてから100分で産まれるというスーパー安産でした」と発表していた。

 おめでたい発表となったが「(ネットで)公表していたけど、世の中が全くざわつかなかった」と苦笑し、同席したお笑いコンビのペナルティも「知らなかった」と驚いた。それでも田村は「名前は公表しない。女の子で僕にそっくり。長女も僕似で、奥さんの風当たりが日に日に強くなる」と幸せオーラを振りまいていた。

 田村は、2011年7月に大阪府出身の一般女性と結婚し、14年7月に第1子女児が誕生している。

 一方で、ハイキングウォーキングは、鈴木Q太郎が一昨年11月、スタイリストの猪熊夏子さんと、相方の松田洋昌も一昨年4月に女優・安藤聖と離婚。コンビで“バツイチ”となり、松田は「次の予定はないです…」とがっくりしつつ、「お前、彼女いるだろうが!」と鈴木の新恋人を暴露。しかし報道陣の反応はイマイチで「ちょっとは興味持てよ」と吠えた鈴木だが、リポーターが「スルーしていいですか?」とポツリと声を漏らすと「私の情報はスルーでお願いします」と苦笑いしていた。

 イベントでは、おやつカンパニーの人気商品『ベビースターラーメン』でおなじみのマスコットキャラクターの3代目新キャラクター名が、約4万7500通の一般公募のなかから「ホシオくん」に決定。新CMには、モデルで歌手の三戸なつめを起用し、ダンスの振り付けをFISHBOY(RADIOFISH)が担当する。



オリコントピックス