• ホーム
  • 音楽
  • ナオト・インティライミが原点回帰「数ヶ月間、旅に出ます」

ナオト・インティライミが原点回帰「数ヶ月間、旅に出ます」

 歌手のナオト・インティライミが31日、自身のブログで数ヶ月間、旅に出ることを報告した。デビュー前に世界一周28ヶ国を515日間かけて渡り歩き、現在までに48ヶ国を旅してきたナオトが、「音楽を無邪気に感じる、そんな心をもう一度取り戻すために」“原点回帰”の旅に出る。表舞台には7月10日の「ナオトの日スペシャルライブ2017」で復帰する。

 2010年4月にメジャーデビューしたナオトは、2015年に自身初の京セラドーム大阪公演を行うなど着実にステップアップしてきたが、「この6年間忙しくさせてもらってる中で、時間がなかったり余裕がなかったりして、なんだかね、追っていたはずの音楽に、気がついたら追われているような感覚だったのね。その違和感を感じ始めてて、、、」と告白。「少しの間、旅に出ます。それも数ヶ月間」とライフワークの旅に出ることを明かした。

 音楽との向き合い方を取り戻すべく、自分の原点に戻って旅をするほかにも、「ほぼ手つかずのまま、ネタ・フォルダにばんばんただただ放り込んである状態」のメロディーやアレンジのアイデアをまとめる作業をしたいともしている。

 7月10日までの間は表立った活動は行わないが、自身は「休みだとはまったく思ってない」とし、「むしろ、アクティブな音楽活動かな、と。LIVEやテレビやリリースのように表だった公に向けての活動ではなく、もうちょっと裏っかわで、言葉や音と戯れているという時期にしたいと思います」と説明。「お待たせしてしまうことになってごめんなさい。首をきりんにして、待っててね」と呼びかけている。

 なお、7月10日の“ナオトの日”に行われる恒例のノープランライブについては「今年も独りでノープランでやりまっせ。台本いっさいなし!自由気ままま!行き当たりばったりライブ。笑」と予告し、「このライブを皮切りに表の活動に戻って参りますゆえ、それを楽しみに待っていていただけたら、これ幸いにござりまする」としている。



オリコントピックス