• ホーム
  • 映画
  • 清水富美加&松井玲奈が“漫才コンビ”結成 『笑う招き猫』映画化

清水富美加&松井玲奈が“漫才コンビ”結成 『笑う招き猫』映画化

 女優の清水富美加が、山本幸久氏の小説を映画化した『笑う招き猫』(4月29日公開)に主演することがわかった。若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」がお笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情を糧に夢を追いかける物語。“相方”を松井玲奈が演じ、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の飯塚健監督がメガホンをとる。

【写真】その他の写真を見る


 清水は「『わー、大変そう、撮影前からもうつらい』というのが、台本を読んだ時の正直な感想です。漫才をやるということ、体を張ったり色んな顔を見せなきゃいけないこと、セリフのあまりないシーンで淡々と過ごすという苦手なシーンもたくさんだったからです」と苦悩を吐露。「でも、飯塚監督と松井玲奈ちゃんがいてくれて本当に良かったです」と支えに感謝している。

 役作りのために髪を切り、金髪にした松井も「まさか自分が漫才師を演じるなんて、お話を聞いた時は不安しかありませんでした」と振り返り、「でも、最初の台本を読んだ時には爆笑していました。撮影が始まるかなり前から漫才稽古を始めて、相方の清水さんと漫才ができたことは、とても貴重な経験です」と手応えをにじませた。

 飯塚監督は「映画の題材として最も手を出してはいけないものの一つ、それが漫才だと思います。が、そんな不安も2人と共に芝居を作っていくにつれ、払拭されました」と満足げ。原作者の山本氏は「驚いた。自分が書いた小説の主人公ふたりが、銀幕の中で漫才をしているのだ、驚かないほうがどうかしている。見た目はずっとかわいいしスマートだ。漫才もうまくておもしろい。でも松井玲奈さんと清水富美加さんは紛れもなくアカコとヒトミだ。原作者冥利に尽きる」とコメントを寄せた。

 映画の公開に先駆けて、MBS・TBSのドラマイズム枠にて、全4話のテレビドラマシリーズが放送される(MBS:3月19日より毎週日曜深0:50〜、TBS:3月21日より毎週火曜深1:28〜)。



関連写真

  • 『笑う招き猫』で漫才コンビを演じる清水富美加(右)と松井玲奈 (C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会
  • 『笑う招き猫』に主演する清水富美加 (C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会
  • 『笑う招き猫』に主演する清水富美加 (C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会
  • 『笑う招き猫』に出演する松井玲奈 (C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会
  • 『笑う招き猫』で漫才コンビを演じる清水富美加(右)と松井玲奈 (C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会
  • 『笑う招き猫』で漫才コンビを演じる清水富美加(右)と松井玲奈 (C)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会

オリコントピックス