• ホーム
  • 芸能
  • さや姉、“サヤネエ”デビューに感動「運命というか親近感というか…」

さや姉、“サヤネエ”デビューに感動「運命というか親近感というか…」

 東京競馬場で行われた2R3歳新馬戦にサヤネエ(牝3歳)が出走し、6着デビューを果たした。同じ愛称の“さや姉”ことNMB48山本彩もレース結果が気になっていたようで、「サヤネエ!!デビュー&6位おめでとうございます!!」と自身のツイッターで祝福した。

 藤田菜七子騎手とコンビを組んだサヤネエは、単勝では4番人気だったが、後方からのレースとなり、16頭中6着でフィニッシュ。NMB48のロゴマーク風のヒョウ柄の覆面をつけ、母は元メンバーの渡辺美優紀と同じ名前のミユキとあり、さや姉は「名前以外にも運命というか親近感というか、、凄く感じてしまってます。。被り物もヒョウ柄でNMB感、、本当に嬉しいを越えて感動です」と感激した。

 自身も第6回・7回の選抜総選挙で2年連続6位の壁に阻まれ、昨年の第8回で4位に。大みそかの紅白選抜では視聴者投票で1位に輝いたことから「私も6位からランクアップ出来た! 勿論、自分の力じゃなくて皆さんの応援のおかげやから、サヤネエがランクアップ出来るように私も応援したくなった!!!!まだデビューしたとこ!伸び代だらけや〜」と喜んだ。



オリコントピックス