• ホーム
  • 芸能
  • 六本木ヒルズで「マーベル展」開催 映画も多数公開

六本木ヒルズで「マーベル展」開催 映画も多数公開

 『アベンジャーズ』や『アイアンマン』などの映画作品が世界的にヒットし、日本でも人気が高まっているアメリカン・コミック(アメコミ)の「MARVEL(マーベル)」。その魅力に迫る日本初の大型総合展『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』が、4月7日から6月25日までの期間、東京・六本木ヒルズ森タワー52 階展望台東京シティビューにて開催される。

 マーベルは1939年に設立(当初は「タイムリー・コミックス」)されて以降、その時々の時代背景・社会情勢を作品に反映させながら、絶えず変化を繰り返すことで、常に新しい驚きとエンターテインメントを生み出してきた。

 単なる「ヒーロー作品」の枠組みを超え、ヒーローたちが“ひとりの人間“として苦悩や葛藤を抱えながらも、それぞれの正義を背負って戦い、成長する姿を多く描き、世界中の人々に影響を与え続けている。

 同展では、マーベルおなじみの作品やキャラクターをはじめ、日本初公開となる貴重な資料、映像化された際の衣装や小道具など、約200点の展示を通して、過去から現在に至るまでのマーベルの世界観を余すところなく紹介する。東京展開催を皮切りに全国複数会場を巡回する予定。

 今月27日に映画『ドクター・ストレンジ』が公開。この後も『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』(5月12日公開)、『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)、『マイティ・ソー/ラグナロク』(原題)と、マーベル原作の映画が控えており、同展も注目を集めそうだ。

■開催概要
名称:マーベル展 時代が創造したヒーローの世界
会期:4月7日〜6月25日※会期中無休
時間:前10:00〜後10:00(最終入場 後9:30)
会場:六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内スカイギャラリー
入場料:一般1800円、高校・大学生1200円、4歳〜中学生600円、シニア(65歳以上)1500円※展望台、森美術館入館料を含む



タグ

オリコントピックス