• ホーム
  • 映画
  • 向井理、祖母の半世紀を映画化 尾野真千子と夫婦役で初共演

向井理、祖母の半世紀を映画化 尾野真千子と夫婦役で初共演

 俳優の向井理が企画し、祖母・芦村朋子さんの半生記をつづった手記を映画化した『いつまた、君と 〜何日君再来(ホーリージュンザイライ)〜』が、6月24日に公開することが決定した。戦後の混乱期、夫・吾郎と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる50年におよぶ愛の物語。向井は自身の祖父・五郎役で出演し、主演を務める尾野真千子と初の夫婦役を演じる。

 原作は、向井が大学生のときに、祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿を迎えた祖母へお祝いとしてプレゼントしたという『何日君再来』。7年前から映画化を熱望し、企画にも携わった向井は「わりとおばあちゃん子でした。生まれた時から傍にいましたし、ずっと近くにいた存在です。週末はよく泊まりに行きましたし、晩年は一緒に住んでいました」と回顧。

 「祖母が書いていた手記は、『こういう人たち(自分の祖父母)がいたから、今の自分がいるんだ』と考えるきっかけになったので、俳優という仕事をさせていただくなかで、いつかこの話を実現してみたいと思っていました」と説明し、「すべての人にファミリーヒストリーはあると思うので、この作品は観る方自身が主人公だと思います」と話している。

 メガホンをとったのは『神様のカルテ』などで知られる深川栄洋監督。NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』や大河ドラマ『八重の桜』などの山本むつみ氏が脚本を担当し、映画では、現代の朋子が書き綴った手記を、孫の理が1冊の本にまとめていく過程で過去を振り返っていく回想形式によって語られる。

 脚本を読んで「これが実話だとはとても思えませんでした」という尾野は、自身が演じた役柄について「とてもすてきな女性像の方だったので、厳しい時代でもいつも笑顔でいようと、どんなことがあっても笑顔で支えていけたらいいなと思いながら演じました」と明かしている。



関連写真

  • 祖母・芦村朋子さんの半生記を映画化した『いつまた、君と 〜何日君再来(ホーリージュンザイライ)〜』に出演する向井理。主演の尾野真千子と夫婦を演じる (C)2017「いつまた、君と 〜何日君再来〜」製作委員会
  • 『いつまた、君と 〜何日君再来(ホーリージュンザイライ)〜』は6月24日公開 (C)2017「いつまた、君と 〜何日君再来〜」製作委員会

オリコントピックス