舞台『BRAVE10』霧隠才蔵役に中村優一

 今夏、舞台化される霜月かいり氏の真田十勇士の物語『BRAVE10』(ブレイブテン)。主人公の若き伊賀の忍者・霧隠才蔵役は、主演映画『スレイブメン』(3月公開予定)の公開を控える中村優一(『仮面ライダー電王』ほか)に決定した。「原作者の霜月かいりさんの世界観を大切に挑んでいけたらと思います。 すてきな作品を皆さまにお届けできるよう、精一杯頑張ります!」とコメントを寄せている。

 同舞台は、信ずるべき道を見いだせずに生きていた若き伊賀の忍者・霧隠才蔵と、徳川家康の手の襲撃者に社(やしろ)のすべてを焼かれ、信州の真田幸村を頼ろうとしている出雲の巫女・伊佐那海(イサナミ)との出会いからはじまる物語。幸村のもとに集った超人的な忍術の使い手、猿飛佐助や海野六郎らとともに、才蔵も真田十勇士の一人として伊佐那海の持つ奇魂(くしみたま)を狙う者たちと戦う。

 6月28日〜7月2日、東京・新宿のスペース・ゼロで上演。舞台「銀河英雄伝説」シリーズ、 『BIOHAZARD THE STAGE』、 斬劇『戦国BASARA』などを手がけるヨリコ ジュンが、脚本・演出・映像を務める。幸村や六郎などのキャストは2月中旬頃発表される予定。



関連写真

  • 舞台『BRAVE10』伊賀の忍者・霧隠才蔵役は中村優一
  • ドラマCD&テレビアニメ化もされた人気漫画『BRAVE10』が初の舞台化。2017 年夏、公演スタート。原作者・霜月かいり氏による描き下ろしイラスト(C)霜月かいり・KADOKAWA 舞台「BRAVE10」製作委員会

オリコントピックス