• ホーム
  • 音楽
  • 指原莉乃、声優アイドルプロデュース「秋元康を超えたい」

指原莉乃、声優アイドルプロデュース「秋元康を超えたい」

 アイドルグループ・HKT48指原莉乃が、声優アイドルをプロデュースすることがわかった。昨年、音楽プロデューサーの秋元康氏や小室哲哉つんく♂とともに『代々木アニメーション学院』のプロデューサーに就任したことを契機に“代アニ”協力のもと、今夏のCDデビューを前提に、オーディションを開催する。このほど都内で会見を行った指原は「ここで一発、秋元康超えをしたい」と壮大な目標を掲げた。

【写真】その他の写真を見る


 モーニング娘。の大ファンとして知られる指原は、これまでにもアイドル番組の司会やHKT48の4期生オーデションの選考に参加するなどしていたが、満を持してプロデューサー業に初挑戦。具体的にはグループ名決定から作詞、MV監督や振付師、衣装の選定…とこれまでの経験を生かして幅広く携わっていく。

 今回手がける“声優アイドル”は女性限定で「AKB48と同じようにアイドルとして活動して、その中で声優としてのお仕事もして、両立させていく。声部門は詳しくないので、代々木アニメーション学院の方にお手伝いしてもらう予定」という。「グループの仲良し感が好きなので、何人かは決めてないけどグループにしたい」と構想を語り、「10代のアイドルが好きなので10代がいいな」と希望した。

 “秋元康超え”の強気発言も飛び出したが、「自分なんかのプロデュースに人が集まるのか不安です…」とネガティブな本音も。それでも「企画モノなんじゃ…? みたいな雰囲気を感じますが、私はかなり本気。企画モノではなくしっかりアイドルとして育てたい」と真面目に意気込みを語った。

 オーディションでの判断ポイントを「質問内容というより自分の中のフィーリングでいきたい」とプロデューサーらしく胸を張ったが、報道陣から「野生の勘?」と狩野英孝を思わせるワードが飛び出すと「“野生の勘”はヤバくないですか?」とタジタジに。それでも「そうですね、私も野生の勘で選びます!」と笑いを誘っていた。

 『代々木アニメーション学院Presents指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション』応募ページは30日0時オープン、同日正午よりエントリーの受付が開始される。



関連写真

  • 指原莉乃がプロデュースする「声優アイドルオーディション」開催決定 (C)ORICON NewS inc.
  • 指原莉乃がプロデュースする「声優アイドルオーディション」開催決定 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス