• ホーム
  • 芸能
  • 藤原竜也・鈴木京香、13年ぶりの共演で不朽の名作『人間の証明』ドラマ化

藤原竜也・鈴木京香、13年ぶりの共演で不朽の名作『人間の証明』ドラマ化

 日本を代表するミステリー作家の森村誠一氏が1976年に発表し、翌77年に岡田茉莉子松田優作の主演で映画化され大ヒットした不朽の名作『人間の証明』が、藤原竜也鈴木京香の共演で新たにドラマ化され、今春にテレビ朝日系で放送される。

 孤高の刑事・棟居という名キャラクターを生み出した原作(角川文庫)は、森村氏の代表作として、松本清張の『砂の器』(1961年)と双璧をなす「昭和を代表する名作ミステリー」として、読み継がれてきた。映画も、劇中の「母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?」という西條八十の詩のインパクトとともに、40年経ったいまも多くの人の記憶に残っていることだろう。

 原作の魅力は、殺人犯を追う刑事を描く“本格捜査ドラマ”であるとともに、激動の戦後を必死に生き抜いた“ひとりの女性の数奇な一代記”であり、家族の絆と崩壊を描く“ホームドラマ”。そして、“国境を越えた親子愛の物語”でもある。これまで、設定などを変えながら、何度もドラマ化されてきたが、今回は、原作に忠実に「終戦直後から1970年代の昭和」を背景に、普遍的なストーリーの映像化に挑む。

 棟居弘一良役で主演する藤原は「本心を言えば非常に面倒くさい役です(笑)。これまで、たくさんの才能ある方たちがやられているわけですから、比較されることもあると思います。ただ今回は、役者を何年やっていても巡り合えないだろうと感じたほど、本当に欠点のない台本でしたので、それに忠実に、そして監督と共演者の皆さんと力を合わせていけば、また違った『人間の証明』という作品ができるんじゃないかなと思っています」と意気込む。

 捜査線上に見え隠れする美容家・八杉恭子役の鈴木との共演は、大河ドラマ『新選組!』(2004年)以来13年ぶり。藤原は「台本を読んでいるときから、京香さんが演じる八杉恭子に会えるんだと、ずっとうれしかった」と言い、鈴木は「この13年で藤原君のどういうところが変わったのか、お相撲のがっぷり四つのように、しっかり向き合ってお芝居したい」と、意欲を燃やす。

 ほかに、棟居と行動を共にするベテラン刑事に緒形直人、昔の恭子を知る老女役に草笛光子、捜査の全権を握る捜査一課キャップ役に宅麻伸堀井新太中原丈雄らが出演。

 母親に捨てられた過去を持ち“母性”に対する不信を抱く棟居と、家庭や地位、名声を守るために“母性”を捨てた恭子。追う者と追われる者。過去を拠り所にする者と過去を消し去ろうとする者。さまざまな人生が立場や境遇を超えて交錯し、絡み合う。濃厚な人間ドラマが描かれる。

 藤原は「いま、またこの作品が映像化されるにあたって思うことは、過去の優れた戯曲を演じるときに感じることと同じで、時代とか社会情勢というのは、先に進むんじゃなくて結局同じ場所を回っているということ。この作品にもきっと改めてハマってしまう時代があって、それがいまなんじゃないかと思います。作品のみどころは、いまからじっくり撮影していきますので、完成してから改めて宣伝させてください(笑)」と話している。



オリコントピックス