• ホーム
  • 音楽
  • X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』 3・3日本公開決定

X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』 3・3日本公開決定

 ロックバンド・X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』の日本公開日が、3月3日決定した。25日放送のニコニコ生放送「YOSHIKI CHANNEL」で発表された。

 制作は、米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞作品『シュガーマン 奇跡に愛された男』を手がけたハリウッドのチームが担当し、監督はスティーヴン・キジャック氏。

 X JAPANの世界への挑戦だけでなく、メンバーの死やボーカル・Toshlの洗脳についても取り上げている。2016年1月には米・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞した。

 YOSHIKIは自身のツイッターで同作の日本公開を報告し、ファンへ向けて「日本のファンのみんながずーと応援し続けてくれたから、世界に向かえる今の自分たちがある。本当に日本でも公開が決まってうれしいです。涙が出ます」とメッセージを送っている。

 併せて日本版予告編映像も解禁され、新曲「La Venus」がテーマ曲として使用されている。1月28日からは劇場前売券が発売されることが決定。劇場限定特典として「海外版ポスタークリアファイル」(数量限定)が付く。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『WE ARE X』の日本公開日が3月3日に決定 (C)2016 PASSION PICTURES LTD.
  • X JAPANの封印された歴史が描かれる(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

オリコントピックス