• ホーム
  • 芸能
  • 生瀬勝久、『刑事・矢部謙三』4年ぶり完全新作ドラマ配信スタート

生瀬勝久、『刑事・矢部謙三』4年ぶり完全新作ドラマ配信スタート

 人気ドラマシリーズ「TRICK」から生まれた刑事、矢部謙三(生瀬勝久)の完全撮り下ろし新作ドラマ『警部補 矢部謙三〜人工頭脳 VS人工頭毛(ずもう)〜』が、auの動画配信サービス「ビデオパス」と「テレ朝動画」で今春、配信されることが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 2000年にスタートしたドラマ『トリック』(テレビ朝日)に主要キャストの一人として登場し、シリーズを通して無くてはならない存在となった矢部。2010年と13年には、矢部を主人公にした連続ドラマ『警部補 矢部謙三』も放送された。金と権力にはめっぽう弱いが、目下の人間には理不尽なまでに強気という前代未聞の刑事・矢部謙三が、部下の手柄と迷推理によって難事件を解決する様が描かれた。

 4年ぶりの完全新作に生瀬は「自分のキャリアの中でも、矢部は特に楽しく演じられるキャラクター。僕自身、終わったコンテンツだとは思っていませんでしたし、依頼さえあればいつでもやれる自信がありました(笑)。今回も、現場での矢部の感じ方、考え方を大切に、傍若無人な矢部らしさを表現できたら」と意気込む。

 「どうせやるなら、振り切っていきたいです。『どうしたんだ?』『アイツ大丈夫か?』と周囲をザワつかせるくらい、突き抜けたことをやりたい。進化した矢部を見てもらいたい」と話していた。

 清々しいまでに“強きを助け弱きをくじく”不遜な性格で、刑事としての仕事をサボることに情熱を注ぐアンチヒーロー。一方で、頭部に深刻な悩みを抱え、髪に関連したキーワードには過剰に反応してしまうという悲哀に満ちた存在でもある。そんな矢部が、持ち前の強運と周囲の勘違いを武器に、本人のあずかり知らないところで難事件を解決に導いていく。

 矢部の相棒を務めるのは、池田鉄洋扮する電脳オタクのヒラ刑事・秋葉原人。傲慢この上ない矢部の仕打ちにもめげず、常に従順な三代目部下。しかし今回は、揺るがないと思われていた2人の関係に、ある異変が!?

 そして、本作で矢部と対峙することになるのが、袴田吉彦演じる天才科学者ディープ・マナブ。犯罪捜査専門の人工知能を開発し、FBIやスコットランドヤードでさえさじを投げた 事件を次々に解決してきたという最強のライバル。“人工頭毛”を持つ男・矢部と、“人工知能”を駆使するDマナブが、「闇の行司」と呼ばれる殺人鬼の捜査で競うことになる。舞台は、崖崩れにより陸の孤島と化した秘湯の一軒宿。「闇の行司」の魔の手が宿泊客たちに迫る中、矢部と人工知能による壮絶な頭脳戦が始まる。



関連写真

  • 祝!復活、『警部補  矢部謙三』完全新作撮り下ろしドラマ、今春、配信スタート(C)テレビ朝日・東宝
  • 世界一カミってる男・矢部謙三(右:生瀬勝久)が4年の時を経て華麗に復活。秋葉原人(左:池田鉄洋)も(C)テレビ朝日・東宝
  • 矢部と対峙することになる天才科学者ディープ・マナブ(左:袴田吉彦)(C)テレビ朝日・東宝
  • 祝!復活、『警部補  矢部謙三』完全新作撮り下ろしドラマ、今春、配信スタート(C)テレビ朝日・東宝

オリコントピックス