• ホーム
  • 芸能
  • 綾野剛、35歳誕生日に抱負「すべての人を幸せに」 坂口健太郎&miwaも祝福

綾野剛、35歳誕生日に抱負「すべての人を幸せに」 坂口健太郎&miwaも祝福

 俳優の綾野剛(35)が26日、都内で行われた映画『新宿スワンII』の大ヒット御礼舞台あいさつに出席。同日、35歳の誕生日を迎えた綾野は、駆けつけた大勢のファンから「おめでとう!」と祝福されると「ありがとう。もう35歳になっちゃったよ〜」と笑顔を浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 同シリーズで共演した俳優の山田孝之(33)も「きのう、誕生日を祝ってくれた」といい「きょう舞台あいさつがあるって言ってるのに『主役が飲まないでどうすんだ』と、散々追いかけられました」と、こぼれ話にファンも大喜び。「誕生日は、こっちがお礼を言う日だと思ってる。35歳になってまた皆さんの前に立ててることは、皆さんのおかげだと思う。ありがとうございます」とほほ笑んだ。

 綾野の誕生日を祝うためサプライズで、映画『君と100回目の恋』(2月4日公開)に出演する俳優の坂口健太郎(25)とシンガー・ソングライターのmiwa(26)が“特大ケーキと共に”サプライズ登場。

 祝福を交えながら坂口が「尊敬する偉大な先輩です」、miwaも「以前、自分のライブにVTRを送ってくれた。きょうはこうやって綾野さんにサプライズ返しができてよかった」と目を輝かせると「めちゃくちゃうれしい。俺、こういうの弱いんですよ」と照れながら感激していた。

 原作は、新宿歌舞伎町を舞台に主人公のスカウトマン・白鳥龍彦(綾野)の成長と、歌舞伎町の裏社会を描いた和久井健氏の人気漫画。前作『新宿スワン』は、主演の綾野のほか、伊勢谷友介、山田孝之、沢尻エリカらが出演し、『ヒミズ』『地獄でなぜ悪い』の園子温監督が実写化。最終興行収入13億円、最終動員数97万人を記録した。

 新章では、原作の中でも人気の高い「横浜王国編」をベースに、シマの拡大のため横浜進出を目論む龍彦らスカウト会社・新宿バーストと、その新宿さえも飲み込もうとする滝マサキ(浅野忠信)率いる横浜ウィザードとの全面戦争を背景に、男たちの熾烈な駆け引き、女たちの火花散る戦いを描く。

 35歳になり「ファンの皆さんのために頑張ってると言い切れる。関わってるすべての人を幸せにしたい」とさらなる飛躍誓った綾野は、今後の展望として「かなうなら(同シリーズの)最終章がやりたい。皆さんの力を借りて駆け抜けていきたい」と力強く話し、喝采を浴びていた。



関連写真

  • 綾野剛(中央)をお祝いしたmiwaと坂口健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)miwa、綾野剛、坂口健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『新宿スワンII』の大ヒット御礼イベントに坂口健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『新宿スワンII』の大ヒット御礼イベントにmiwa (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『新宿スワンII』の大ヒット御礼イベントに綾野剛 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『新宿スワンII』の大ヒット御礼イベントに出席した(左から)miwa、綾野剛、坂口健太郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス