• ホーム
  • 芸能
  • 大友康平、芸能界の報道姿勢に苦言「“作品の魅力”クローズアップを」

大友康平、芸能界の報道姿勢に苦言「“作品の魅力”クローズアップを」

 ロックバンド・HOUND DOGのボーカルで俳優の大友康平(61)が26日、都内で行われた音響機器メーカー・オンキヨーの新製品発表会『“GRANBEAT”LAUNCH EVENT』に出席した。昨今、芸能界で不倫・引退などスキャンダルが多く取り沙汰されるが、大友は「どうしてもそういうことばっかりクローズアップされるっていうのが、ちょっと残念だな」と苦言を呈した。

【写真】その他の写真を見る


 大友は「映画とかすごいじゃないですか。邦画で、世界的にも評価される作品が出できて」といい「音楽にしても、言葉の壁はあるんですけど、芸術表現に関しては世界共通。そういうところでクローズアップされてほしい」と作り手として作品の魅力を伝える発信が増えるよう訴えた。

 イベントでは同社のハイレゾ対応のスマートフォン「GRANBEAT」(2月下旬発売予定)がお披露目され、1週間使ったという大友は「びっくりしました」と音質に感激。カセットテープ・レコードの時代を振り返り「魂削ってレコーディングしても、レコードにするとあれって思うことあった。もう少し低音があったなとか、高音がこんなにやかましくなかったなとか」と話し、オススメの楽曲は「90年代以降のHOUND DOGですかね」と冗談を交え魅力を語っていた。



関連写真

  • 芸能界の報道姿勢に苦言を呈した大友康平 (C)ORICON NewS inc.
  • オンキヨーの新製品発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 音響機器メーカー・オンキヨーの新製品発表会『“GRANBEAT”LAUNCH EVENT』に出席した大友康平 (C)ORICON NewS inc.
  • ハイレゾ対応のスマートフォン「GRANBEAT」=音響機器メーカー・オンキヨーの新製品発表会『“GRANBEAT”LAUNCH EVENT』より(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス