• ホーム
  • 芸能
  • ホラン千秋、TBS『Nスタ』キャスター就任「皆さまと共に考え、見届けていけたら」

ホラン千秋、TBS『Nスタ』キャスター就任「皆さまと共に考え、見届けていけたら」

 タレントのホラン千秋(28)が、4月3日よりTBS系夕方のニュース番組『Nスタ』(月〜金 後3:50〜)のキャスターを務めることが25日、明らかになった。昨年末の同局『報道の日2016』など各局の報道・情報番組でコメンテーター・キャスターとして出演してきたホランは、今回、メインキャスターの井上貴博アナウンサー(32)とタッグを組んで、ニュース読みはもちろん、専門家や報道記者とのニュース解説、エンタメ情報や天気など、ジャンルを問わず担当。また、ニュースの現場にも飛び込んでリポートに挑戦する。

 アイルランド人の父、日本人の母を持つホランは青山学院大学文学部英米文学科卒業。 在学中の2009年から1年間、アメリカ・オレゴン州立大学に留学した。英語が堪能な一方で、留学資金を貯めるために、スーパーマーケットや寿司店、ベーカリーなどでアルバイトを掛け持ちするなど庶民的な感覚の持ち主であり、視聴者目線のコメントも期待される。

 抜てきを受けホランは「『Nスタ』のキャスターを務めさせていただけること、大変光栄に思います。良いニュースも、ときにはつらいニュースもお伝えしなければならないこともあると思います。でもどんな瞬間も、今の日本を、これからの世界を、視聴者の皆さまと共に考え、見届けていけたらと思っています」とやる気をにじませている。

 なお、新キャスター陣には、国山ハセンアナウンサー(26)も加入。よりフレッシュなメンバーで視聴者の“今の関心事”に柔軟に応えていく姿勢だ。制作プロデューサーの谷上栄一氏は、「ホランさんはとにかく反応が早い。夕方の時間は、ニュースが動いている時間。ホランさんの瞬発力に期待している」と起用理由を明かした。



オリコントピックス