• ホーム
  • 芸能
  • 仁科亜季子、松方さん復帰「信じてた」 ブログで思いつづる

仁科亜季子、松方さん復帰「信じてた」 ブログで思いつづる

 今月21日に脳リンパ腫のため74歳で亡くなった俳優・松方弘樹(本名:目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ)さんの元妻で女優の(63)が24日夜、自身のブログを更新。「最後に、子供達にもう一度会ってほしかった。そして、孫を抱っこしてもらいたかったです」と思いをつづった。

【写真】その他の写真を見る


 「悲しみ…」のエントリーで仁科は「昨日の訃報を聞き、大変驚きました。全力で病と闘い、お仕事への復帰を目指していらっしゃると報道でお聞きしていたので、きっと頑張ってくださると信じておりました」とつづり「私の中の松方さんはとても元気だったし、病気とは無縁のような方でした」と思い出を回顧。

 「大きな病を何度も繰り返している私の方が絶対に先に逝くと思っておりました。本当にとても悲しく、残念でなりません。今は楽しい思い出ばかりが浮かび、胸が痛みます」と明かすと「21歳で知り合い、私が本気で愛し…人生を懸けて彼の元へ飛び込み…二人の子供を授かり20数年人生を共に歩んで参りました方です」と続けた。

 また、息子で俳優の仁科克基(34)と娘でタレントの仁科仁美(32)に「もう一度会ってほしかった」とつづり、仁美が2015年6月に出産した長男を「抱っこしてもらいたかったです」と母としての思いも。それでも、最後は松方さんに向け「今は安らかにおやすみくださいますことをお祈り申し上げます」とメッセージしブログを結んだ。

 同日夕方には、克基もブログを更新。「僕にとって、偉大で、大変 尊敬する 役者でした。心から 御冥福を お祈り致します」としのび「親父…本当にありがとうございました。俺…頑張るからね」と松方さんに誓っている。



関連写真

  • 仁科亜季子 (C)ORICON NewS inc.
  • 松方弘樹さん (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス