• ホーム
  • 芸能
  • 栗田貫一、鈴木亮平の“銭形警部”を絶賛「山寺宏一よりいい」

栗田貫一、鈴木亮平の“銭形警部”を絶賛「山寺宏一よりいい」

 俳優の鈴木亮平が25日、都内で行われた日テレ×WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『銭形警部』完成披露試写会&舞台あいさつに登壇した。劇中でモンキー・パンチ原作の名作『ルパン三世』に登場する人気キャラクター“銭形のとっつぁん”こと銭形警部を演じた鈴木は、サプライズゲストで登場したルパン三世の声優・栗田貫一と「やるなぁ、とっつぁん」「うるさ〜い、ルパ〜ン!」とアニメさながらの掛け合いを披露。栗田から「(アニメ版銭形の)山寺宏一よりいい」と冗談めかして絶賛されていた。 

【写真】その他の写真を見る


 銭形役は「アクが濃すぎて役者に残された自由は少ないので、見た瞬間に銭形だと思ってもらえないと意味がない。そのためには声だと」という鈴木は、アニメ版声優の納谷悟朗さんや山寺を参考に「自分なりに入れてみて出せる声に合わせていった」と奮闘したことを告白。一番練習したという「ルパン」のセリフをその場でさまざまなバリエーションで再現して、会場を沸かせた。

 そんな鈴木に共演の前田敦子は「声も枯れてくるのに『それがちょうどいい』ってうれしそうだったのですごい俳優さんだなって」と感心し、三浦貴大も「セリフ練習から本域。控室の片隅からフルボイスで聞こえてくるから面白かった」と暴露。常に全力で“銭形ボイス”に挑んだ鈴木は「銭形さんをやってから声が低くなって。最近ドラマでナヨッとした役をやっているんですけど頑張って高い声を出してる。これは弊害です」と苦笑した。

 終盤、青の自前のスーツで登場した栗田が登場して花束を鈴木に贈呈。鈴木が「どうしてもルパンに無断でやっているという、うしろめたさがあったけど本物にお墨付きをもらえた」と安堵すると「いやいや、すばらしい。現実にルパンは出てきづらいけど銭形はあるんだなと思った」とベタ褒めしていた。

 同ドラマは日テレ、WOWOW、Huluと3社をまたいでの大型プロジェクトとして展開。2月10日には日テレ系単発ドラマ『金曜ロードSHOW!銭形警部』(後9:00)、放送終了後からHuluで『銭形警部 真紅の捜査ファイル』(全4話)が配信され、19日からはWOWOWにて『連続ドラマW 銭形警部 漆黒の犯罪ファイル』(全4話)が放送される。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 鈴木亮平の“銭形警部”を絶賛した栗田貫一(左) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)栗田貫一、前田敦子、鈴木亮平、三浦貴大 (C)ORICON NewS inc.
  • パトカーで登場 (C)ORICON NewS inc.
  • フライングゲット!(左から)栗田貫一、前田敦子、鈴木亮平、三浦貴大 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『銭形警部』完成披露試写会&舞台あいさつに登壇した鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『銭形警部』完成披露試写会&舞台あいさつに登壇した前田敦子 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『銭形警部』完成披露試写会&舞台あいさつに登壇した三浦貴大 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『銭形警部』完成披露試写会&舞台あいさつに登壇した栗田貫一 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『銭形警部』完成披露試写会&舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス