• ホーム
  • 芸能
  • 中村勘九郎、飲み屋話が現実に 同世代劇作家との新作歌舞伎は「大きな事件になる」

中村勘九郎、飲み屋話が現実に 同世代劇作家との新作歌舞伎は「大きな事件になる」

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(35)と中村七之助(33)が25日、都内で行われた赤坂大歌舞伎の新作歌舞伎『夢幻恋双紙 赤目の転生』製作発表会見に出席。今回、同世代の蓬莱竜太氏(41)が作・演出を手がけることについて、勘九郎は「ずっと飲み屋話で、蓬莱さんに新作歌舞伎を書いてほしいと言っていました。今回の本を読ませてもらいましたが、とんでもない話です。大きな事件になると思っています」と呼びかけた。

【写真】その他の写真を見る


 同世代の劇作家とのタッグは、亡き父・十八代目中村勘三郎さんの教えでもあったといい「うちの父は野田(秀樹)さんたちと一緒にやっていたのですが、僕らに『同世代の作家と出会えたことが誇りだった。お前らも、そんな人と出会えたらいいな』と言っていました」としみじみ。作品にちなみ「生まれ変わった(転生した)ら、なってみたいものは」とのテーマでは、勘九郎が「僕は女性アイドルです。プロデュースしてもらって、歌って踊れるようなアイドルになりたいですね」と笑わせていた。

 赤坂大歌舞伎は、十八代目中村勘三郎さんの「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」との言葉をきっかけに、2008年にスタート。勘三郎さん亡き後は、息子の勘九郎・七之助兄弟が中心となって遺志を継いできたが、第5弾となる今回はシリーズ初の新作歌舞伎に挑戦する。4月6日から25日まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演される。



関連写真

  • 同世代劇作家との新作歌舞伎へ意気込みを語った中村勘九郎 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)中村七之助、蓬莱竜太氏、中村勘九郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 赤坂大歌舞伎『夢幻恋双紙 赤目の転生』の製作発表会見に出席した蓬莱竜太氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 赤坂大歌舞伎『夢幻恋双紙 赤目の転生』の製作発表会見に出席した中村七之助 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス