• ホーム
  • 音楽
  • ゆず、“20歳”コラボに期待「どんな化学反応が起こるか」

ゆず、“20歳”コラボに期待「どんな化学反応が起こるか」

 人気デュオ・ゆずが24日、横浜市内で行われた自身を主軸としたライブドキュメンタリー特別番組『ハレブタイ! ゆずとハタチでつくる“ありがとうコンサート”』(3月20日 後5:00〜7:54)の記者会見に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 今年デビュー20周年イヤーを迎えるゆず。同番組は、今年“人生の20周年”を迎えるハタチの若者たちとともに、『ありがとう』の気持ちを表現するゆずのコンサートに密着したライブドキュメンタリーを、BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSジャパン、BSフジの5局共同特別番組として放送する。

 20年の歩みを振り返り、北川悠仁(40)は「あっという間のような、でもやっぱり長かったのかな、今いろんな気持ちを持ちながら20年目に突入しました」と話し、岩沢厚治(40)も「20年前、道端で歌っていたなという思い出がありますが、早いようでやっぱり長い20年だったなと思います」と回想。

 これまでを振り返り北川は、活動の10周年、15周年は「点」と表現し、「20周年は大きな丸がついた感じがして、自分たちゆずは、ゆず以上でも、ゆず以下でもない、ゆずなんだ。そんな丸がついたような気がして、応援してくださったファンの皆さんとともに、20年の中で培ったものだったり、実ったものだったりを、ゆっくり振り返りながら味わえる20周年にできればと思います」と意気込み。今年は「お祭りのような1年にして、いろんなところで僕たちの音楽を、まだ聴いていない方にも届けたい」とさらなる活躍を誓った。

 会見には、同番組のナレーションを務める新成人代表のモデルで女優の松井愛莉(20)も出席。「記念すべき年に番組に携わらせてもらってすごくうれしいです」と笑顔を見せ「頑張りたいという思いで気が引き締まっています」とやる気をみなぎらせた。

 また、番組で共演するハタチを代表して、世界大会で優勝経験もある東京・桜美林大学のソングリーディング部が華麗な演技を披露し、会見に花を添えた。北川は「これからじっくりハタチの皆さんと向き合いながら、番組だったりライブだったりを作っていくので、どんな化学反応が起こるか、今から楽しみです」と期待に胸を膨らませていた。



関連写真

  • 今年デビュー20周年イヤーを迎えるゆず(左から)北川悠仁、岩沢厚治 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)松井愛莉、北川悠仁、岩沢厚治 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別番組『ハレブタイ! ゆずとハタチでつくる“ありがとうコンサート”』の記者会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別番組『ハレブタイ! ゆずとハタチでつくる“ありがとうコンサート”』の記者会見に出席した(左から)松井愛莉、北川悠仁、岩沢厚治 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別番組『ハレブタイ! ゆずとハタチでつくる“ありがとうコンサート”』の記者会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別番組『ハレブタイ! ゆずとハタチでつくる“ありがとうコンサート”』の記者会見に出席したゆず・岩沢厚治 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別番組『ハレブタイ! ゆずとハタチでつくる“ありがとうコンサート”』の記者会見に出席したゆず・北川悠仁 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別番組『ハレブタイ! ゆずとハタチでつくる“ありがとうコンサート”』の記者会見に出席した松井愛莉 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス