• ホーム
  • 芸能
  • 確執騒動 角田信朗が松本人志らに謝罪 ブログで名指し「反省」

確執騒動 角田信朗が松本人志らに謝罪 ブログで名指し「反省」

 格闘家でタレントの角田信朗(55)が23日、公式ブログを更新。自身が8年前の番組企画のオファーを断った際に、お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志(53)から“共演NG”を受けているなど主張した件について、松本本人と関係各位に謝罪した。

 角田は以前、ダウンタウンの番組に多く出演していたものの、ある番組の企画でレフェリーのオファーを受けた際、当時、K-1の“ミスジャッジ騒動”の渦中で、自粛という名目で出演を辞退。“誤解”が生じて松本を怒らせてしまい、以来、出演NGの状態が続いていると告白し、波紋が広がっていた。

 きのう22日には松本がフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演し、角田側は「最初はOKだったんですよ。衣装も全部決めてたんですよ。打ち合わせも。ところが、2日前にドタキャンされたんですよ」と説明。番組の収録も無くなったことを明かし「ルール違反じゃないのかな」と疑問を呈していた。

 この日、角田はブログで「この度は、私自身の思慮に欠ける突然の発信で、松本人志氏、そして関係各位の皆様に、大変不愉快な思いをさせてしまった事を、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。番組ドタキャンの事実を認め「私の認識が甘く、松本氏を始め、お仕事に携わられた多数の方々にご迷惑をおかけ致しましたこと、誠に申し訳ありません。改めて謝罪致します」とした。

 続けて、事実を把握せず、一方的にブログ記事中で被害にあったかのような表現をしたことについて「全くもって私の不徳の致すところです」と反省し、名指しで松本の名前をブログに記載したことには「軽率な行為を行ってしまい、弁明の余地もありません。一連の騒動を反省し、まずはこのような形でお伝えさせて頂きました。改めまして心よりお詫び申し上げます」と記しブログを結んでいる。



オリコントピックス