• ホーム
  • 芸能
  • ミス日本2017の高田紫帆さん、将来の目標はキャスター「社会問題を問いかけたい」

ミス日本2017の高田紫帆さん、将来の目標はキャスター「社会問題を問いかけたい」

 女優の山本富士子、藤原紀香らを輩出した『第49回ミス日本コンテスト2017』が23日、都内で行われ、京都出身の大阪大学文学部2年生・高田紫帆(たかだしほ・20)さんがグランプリに輝いた。高田さんは「ミス着物」にも選ばれ、ダブル受賞となった。

【写真】その他の写真を見る


 受賞のスピーチでは、涙で声を震わせながら「このような光栄な賞をいただき、本当に光栄に思っております」と喜びを語った高田さん。今後の活動については「ミス着物とダブルで受賞させていただいたので、お着物に関する活動をしながら、私自身まだまだですが、ボランティア活動もできる限りさせてもらって、たくさんの方々にお会いしたいです」と言葉に力を込めた。

 サッカー16歳以下日本代表に選出されたこともある、弟の高田侑真選手の存在も大きかったといい「姉弟として恥をかかせられないといういいプレッシャーがあった。報道していただいた方、本当にありがとうございます」と感謝。自身も小学生から陸上に打ち込み、中学時代はジュニアオリンピックに出場するほどの実力者だが「今は報道のお仕事がしたい。将来は、社会問題を問いかけるようなキャスターになれたら」と快足を武器に新たなジャンルでの活躍を誓った。

 理想の女性像については、アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの妻・エレノア氏を挙げ「彼女のことをとても尊敬していて、大統領夫人の場合は夫である大統領を支えることが大切ですが、自分は家族であったり、身の回りの人を大切にしながらも、社会に出て活躍できる、そのどちらも大切にできる人でありたいと思っています」と目を輝かせていた。

 グランプリとともに各賞も発表され、「水の天使」には宮崎あずささん(23)「海の日」には三上優さん(25)「みどりの女神」には野中葵さん(20)、準ミス日本には宮西伽奈さん(23)が選ばれた。



関連写真

  • ミス日本2017に決定した大阪大学2年・高田紫帆さん (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)「海の日」三上優さん、「水の天使」宮崎あずささん、グランプリの高田紫帆さん、「みどりの女神」野中葵さん、準ミス日本には宮西伽奈さん (C)ORICON NewS inc.
  • ミス日本2017に決定した大阪大学2年・高田紫帆さん (C)ORICON NewS inc.
  • ミス日本2017に決定した大阪大学2年・高田紫帆さん (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス