• ホーム
  • 芸能
  • 内田彩が声帯結節の切除を報告「経過は良好」

内田彩が声帯結節の切除を報告「経過は良好」

 人気アニメ『ラブライブ!』の南ことり役で知られる声優・内田彩(30)が23日、自身のブログを更新し、昨年春から患っていたという声帯結節を切除したことを報告した。

 「ご挨拶」のエントリーで内田は近況を報告するとともに「今日は報告したい事があって」と切り出すと「年末年始になんとか2週間お休みを頂いて、春から患っていた声帯の病気、声帯結節を切除しました! 経過は良好です」と報告。「ラブライブ!の東京ドーム公演で急に声が出なくなった時から、これまでずっと、皆には心配を掛けてきたと思います…」と謝罪の言葉をつづった。

 当初は薬での治療で様子をみていくことをファンに伝えていたが、過密スケジュールの中、悪化するばかりで、今回、手術を決断したという内田。「声の仕事なのに声が出ない、声は声優の命なのにそれはもう死んだようなもので、精神的にも本当にまいっていて、ストレスからくる身体の病気も沢山経験しました」とも明かした。

 最後は心配をかけたファンやサポートしてくれた関係者に向け「これからの声で返していけたら」と前向きにつづると「まだ安心は出来ていないけれど、仕事の環境も今年から変えられたし、しっかり術後のケアをしながら、本来の自分の声を取り戻していきたいです!」と誓っている。



オリコントピックス