松坂桃李主演『日暮旅人』初回は11.2%

 俳優の松坂桃李が主演する日本テレビ系連続ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(毎週日曜 後10:30)第1話が22日に放送され、初回平均視聴率が11.2%だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 原作は山口幸三郎氏の『探偵・日暮旅人』シリーズ(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)。五感のうち4つの感覚(聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を失った男・日暮旅人(松坂)が、唯一残った研ぎ澄まされた視覚を駆使し、物を、人を、そして愛を探すヒューマン・ミステリー。2015年11月に単発ドラマとして放送され、今回はその続編となっている。

 第1話では旅人と相棒の雪路(濱田岳)が、インテリヤクザの組長・村山(桐山漣)から金庫破りの犯人を探してほしいと頼まれる。不思議な目の力を使った旅人が見たのは、組員たちの不自然な感情とハイヒールの足跡に残る異常な緊張の色で、犯人は村山の愛人だと突き止める。組員は総力で逃げた愛人を追う。

 そんな中、旅人の娘・灯衣(住田萌乃)の保育園の倉庫から、灯衣と旅人を気にかける保育士・陽子(多部未華子)が園児時代に埋めたタイムカプセルの記録が出てくる。思い出そうとしても不思議と思い出すことができない初恋の相手・たぁ君のヒントがあるかもと期待する陽子だが、カプセルを埋めた場所は謎のまま。主治医の榎木(北大路欣也)から、このまま目の力を使い続ければ失明すると忠告される旅人だが、雪路の心配を押し切りタイムカプセル探しを申し出る…というあらすじ。



オリコントピックス