• ホーム
  • 芸能
  • 高橋真麻、交際中の彼との結婚に「東京五輪までには」

高橋真麻、交際中の彼との結婚に「東京五輪までには」

 フリーアナウンサーの高橋真麻(35)が23日、都内で行われた『ファンケル×東京タラレバ娘「アガる日」制定記念発表会』に出席した。2015年末から一般男性と交際中の高橋は、結婚について問われると「東京五輪までには」と展望を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 年末年始はお互いの両親に新年のあいさつをしたという高橋。その際には結婚の話は出ず「両親も焦らなくていいと言ってくれている」と明かした。周囲の友人に離婚経験者が増えてきたといい「『離婚は大変、負のエネルギーが相当必要だから焦らないでいいよ』とアドバイスをもらいまして」と周囲から結婚のプレッシャーが減っていると語った。

 一方で「なんで私だけ結婚できないんだろうって昨今の女子アナの結婚話を見てると思う」と内心焦りがあることを明かしつつ「夢の寿退社が叶わなかったので、次は東京五輪までには」と改めて結婚を熱望。

 交際相手には結婚の話をかわされているといい「テレビで交際のことを話して、彼にとってプレッシャーになっていると思うので、さらにプレッシャーを乗っけると良く無いと思うのであんまり乗せないようにしている」と気遣いを見せていた。

 発表会では、イベント名にかけて気分が「アガる」曲として岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」を熱唱。また仕事で気分が下がっている時には、交際相手がモノマネする氷室京介の「KISS ME」を聴くと明かし、「それを思い出すとときめいて頑張ろうと思える。夫婦になるとしたら家族対抗歌合戦に出ようと思います」と目を輝かせて語っていた。



関連写真

  • 高橋真麻 (C)ORICON NewS inc.
  • 岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」を熱唱する高橋真麻 (C)ORICON NewS inc.
  • 岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」を熱唱する高橋真麻 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファンケル×東京タラレバ娘「アガる日」制定記念発表会』に出席した高橋真麻 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファンケル×東京タラレバ娘「アガる日」制定記念発表会』の模様(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス