• ホーム
  • 芸能
  • 上白石萌音、大ブレークを経て2017年「試される年」

上白石萌音、大ブレークを経て2017年「試される年」

 昨年8月の公開以来、大ヒットを記録しているアニメ映画『君の名は。』でヒロイン・三葉を務めた女優の上白石萌音(18)。10月には歌手として同映画主題歌「なんでもないや(movie ver.)」を含む名作映画の主題歌/挿入歌を集めたカバーミニアルバム『chouchou』をリリースし、音楽番組も賑わせ、まさに飛躍の1年を過ごした。年が明けて2017年は、自身初の連続ドラマ主演でスタート。ますます活躍の場を広げようとする上白石だが、本人は、意外と冷静に受け止めているようだ。

【写真】その他の写真を見る


 単刀直入に名が知られたことでどんな変化があったのか、聞いた。

 「私自身は何も変わっていなくて、周りがどんどん変わっていった印象はあります。かけられる言葉、その時の雰囲気、私に対する接し方がどんどん変わっていって、自分自身が状況に追いつけていないといいますか…。まだまだ中身が伴っていない自覚はあるのに、いろんな方に評価していただいて、ギャップを感じていることはあります」。

 上白石は、2011年第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞を受賞し、芸能活動をスタート。14年に公開された初主演となるミュージカル仕立ての映画『舞妓はレディ』では、メガホンを取った周防正行監督に「平成のオードリー・ヘップバーン」と言わしめた演技力と歌唱力を披露し、15年に発表された第38回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞するなど、数々の賞に輝いた。15年秋から女優活動と並行して都内でライブ活動をスタートさせ、昨年10月にメジャーデビューのチャンスをつかんだ。

 「幼い頃からずっと歌うことが大好きで、歌うこと、踊ることは自分のための趣味でもありました。本当に歌手活動ができる日がくるとは…。人生何が起きるかわからないものですね。まだまだ足りないことばかりなので、ボイストレーニングに通って、歌の表現力を高めていきたいです」。

 2016年は『君の名は。』以外にも、映画『ちはやふる-上の句/下の句-』、映画『溺れるナイフ』と、話題作に立て続けに出演。締めくくりとして撮影していたのが、MBS・TBSほかで1月より放送される連続ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』。このドラマの主人公・山田文子(通称:ブン)を上白石が演じる。

 食べることと料理は大好きだけど、「超」がつくほど人見知りなブンが料理を通じて、仲間と出会い、成長していく物語。

 「私も料理を作ることも食べることも大好きなのですが、ブンには負けますね(笑)。最近、グルメドラマに出てきた料理を実際に作ってみる視聴者が多いと聞きました。このドラマはうってつけです。ドラマのとおりに作ればおいしくでき上がります! どれも簡単で、普通に売っている食材を使っていますし、発想の転換でピンチを乗り越えるアイデア料理は勉強にもなります。ぜひぜひ皆さんに作ってもらいたいです」。

 東京・北千住などでロケをしながら撮影をしている間、「ブンの『食べることが生きること』みたいな純粋なパワーにただただ感心していた」という上白石。「夢中になれるものがあると、人はこんなにもキラキラするんだな、と思いながら、そのブンちゃんの魅力をできるかぎり表現しようと没頭できたので、撮影は楽しかったです」。

 間違いなく映像には、芝居に夢中になってキラキラしている上白石が映っているのだろう。

 「昨年は、直接的と間接的の間くらいの距離感で人を元気にしたり勇気を与えたり、背中を押したりできるのが、女優や歌手の仕事なんだと、感じることができた1年でした。作品を見て、『自分も頑張ろう』と思えましたし、『歌を聴いて励まされています』。そういう声をたくさんいただいた1年でもありました。私にもできることは無限にある。誰かの心の奥深くまでお芝居や歌を届けられるように。だから自分も頑張りたい。2016年は吸収するばかり、学ぶことばかりの1年でした。2017年はそれがどこまで身についたか、実になったか、試される年だと思っています。まずは『ホクサイと飯さえあれば』を見ていただくことが、新しいはじまりですね」。

■放送情報
MBS:1月22日スタート 毎週日曜 深夜0時50分〜
(初回は深夜1時5分〜、1月29日は深夜1時50分〜)
TBS:1月24日スタート  毎週火曜 深夜1時28分〜 ほか
※放送日時は予定のため予告なく変更する場合があり。
※地域によって放送日が異なるため、詳しくは各局のホームページ、番組表で確認を。



関連写真

  • 深夜ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』主演は上白石萌音(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • 第1話より。ジュンちゃん(左:池田エライザ)との出会いのシーン(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • 第1話より(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS

オリコントピックス