• ホーム
  • 芸能
  • 狩野英孝が涙の謝罪会見、無期限謹慎を発表 相手女性への恋愛感情あった

狩野英孝が涙の謝罪会見、無期限謹慎を発表 相手女性への恋愛感情あった

 写真誌『FRIDAY』(講談社)で現役女子高生との淫行疑惑が報じられた、お笑いタレントの狩野英孝(34)が21日、都内で記者会見を開いた。詰めかけた大勢の報道陣を前に黒のスーツ姿で見せ「ご迷惑、お騒がせして誠に申し訳ありません」と深々と頭下げて謝罪し、目に涙を浮かべなら語り始めた。

【写真】その他の写真を見る


 会見前には、所属事務所の代表取締役社長・柵木秀夫氏が報道陣向けに書面でコメントし、狩野の謹慎処分を発表。「大変なご迷惑、ご心配お掛けしましたことを心からお詫び申し上げます」と所属タレントの騒動をお詫びした。

 同誌では、狩野がファンと名乗る17歳女子高校生とSNS上で知り合い、昨年11月上旬からは、狩野自宅で「半同棲状態」に発展したと報道。また、同誌の直撃取材で肉体関係について追及を受け「ないです」と否定し、女性からは「22歳」だと聞かされていたと掲載されている。

 会見で同誌に掲載された写真については「私です」と答え、「彼女とは記事にあった通り“22歳”と聞いて知り合いました。その後、友人関係を経て大人としてお付き合いさせていただきました」と説明した。

 狩野のアプローチで関係が発展し「恋愛感情はありました。しかし親や友達に堂々と彼女と宣言する前に10代と知ったので…」と告白。現在は交際関係でないとも語った。

 狩野は2011年に一般女性と結婚したが、14年9月に離婚。昨年はタレントの加藤紗里(26)と歌手の川本真琴(43)との“二股疑惑”をはじめ、交際中と名乗る女性が次々に現れ“六股騒動”など世間を賑わせていた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 会見を行った狩野英孝 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見で頭を下げた狩野英孝 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見を行った狩野英孝 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス