• ホーム
  • 芸能
  • 福山康平『精霊の守り人』新シーズン出演 【インタビュー・前編】

福山康平『精霊の守り人』新シーズン出演 【インタビュー・前編】

 NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』が、あす21日(毎週土曜 後9:00〜総合テレビ)からスタートする。主演の綾瀬はるか(31)、東出昌大(28)らに加え、今作からは真木よう子(34)、ディーン・フジオカ(36)、高良健吾(29)、鈴木亮平(33)らが加わる。このほどORICON NEWSでは、豪華出演陣に交じって今作から参加し、重要な役どころを担う18歳の福山康平に話を聞いた。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、2014年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子氏が1996年から2007年にかけて発表した「守り人シリーズ」。全12巻を脚本家・大森寿美男氏が22回のドラマに編み直し、3年がかりで映像化。昨年3月にスタートした前作では、綾瀬演じる女用心棒バルサと幼い王子チャグムの出会いと別れが描かれ、新シーズンでは、お尋ね者となったバルサと皇太子となったチャグムのそれぞれの冒険と再会を交えた話しが展開される。

――福山さんの今回の役どころは?

福山「鈴木梨央ちゃん演じるアスラの兄のチキサという役です。アスラは異能の力を持っているのですが、彼女に恐れをいただきつつも兄として必死に守ろうとしています」

――チキサ役に決まった時の感想を教えてください。

福山「監督と会い、いろいろとお話をさせていただきました。その後、しばらくしてチキサの役をお願いしますという連絡をいただきました。原作を読んでいて、作品の世界観がとても壮大で、この世界の中に自分が入り込めると思うと嬉しかったです。また、素晴らしい役者の方々がたくさん出演されているので会うのも楽しみにしていました」

――役作りはどのようにしましたか?

福山「原作を読むのはもちろんですが、チキサはとにかくアスラのことを守るというのが一番大きな役割なので、あまり難しく考えずシンプルにそのことだけを考えました。だから、撮影以外のところでも梨央ちゃんとの時間を大切にしたいなと思って、撮影の空き時間にはずっと話をしていたり、梨央ちゃんの学校の宿題を教えてあげたりしていました。ただ、役では自分が兄という設定ですが、実際は梨央ちゃんに流行りのダンスを踊ってとか逆立ちしてみてとかリードされていて、あまりお兄ちゃんぽくはなかったですね(笑)」

――撮影の現場はどうですか?

福山「出演者、スタッフみんなチームワークがよいですね。現場にいる中で自分はもちろん年下で、自分より年下は梨央ちゃんぐらいしかいないのですが(笑)、撮影現場が同じ綾瀬さんや東出さんも話かけてくださったり、スタッフの方々も色々声をかけてくださるので楽しいです。上の方と話すのが得意という意識はないんですが、自然に話せていますね。年下の自分が話しやすい雰囲気を皆さんが作ってくれているのだと思います。あとは、セットや衣装が本当にすごいです。街や森がまるごと一つのセットになっていたりして、これがセットかと驚かされることもあります。衣装を着て、メイクをして、その中に入ると一気に世界が変わりますし、自分のスイッチも入りますね。このような環境で演じることができるのは本当に幸せです」

――見どころを教えてください。
福山「前作から引き続き、綾瀬さん演じるバルサがどのような旅をしていくかが見どころではありますが、新シリーズでは、チャグムが成長し戦っているストーリーもあるので、彼の冒険にも注目です。あとは、アスラとチキサがどうなるのかにも注目してもらえると嬉しいです。チキサに関しては、常にアスラのために動いているので、アスラの運命がどのようになるかを見てもらえれば必然的にチキサも見ていただけるのかなと思っています」

 インタビュー・後編は今月27日に配信。

■福山康平(ふくやま・こうへい)
1998年3月13日生まれ。東京都出身。特技は野球で、趣味は将棋、釣り、料理。2015年映画『予告犯』でスクリーンデビュー。これまでの出演作はドラマ『坊ちゃん』、『往復書簡〜十五年後の補習』。



関連写真

  • NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』に出演する福山康平
  • 重要な役どころを担う18歳の福山康平
  • 爽やかな笑顔をみせる福山康平
  • NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』に出演する福山康平
  • NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』に出演する福山康平
  • NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』に出演する福山康平

オリコントピックス