• ホーム
  • 芸能
  • 大谷翔平、“粉骨砕身”精神でWBC臨む 二刀流質問には大人な回答

大谷翔平、“粉骨砕身”精神でWBC臨む 二刀流質問には大人な回答

 プロ野球・日本ハムの大谷翔平投手、西武ライオンズの秋山翔吾選手が20日、都内で行われたスポーツテレビ局『J SPORTS 開局20周年』プレス発表会に出席。3月に開催を控えた『第4回ワールド・ベースボール・クラシック』(以下、WBC)に侍ジャパンメンバーとして初出場する2人は、大会へ向けてそれぞれ意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 WBCへの抱負を漢字一字で「奪」と掲げた大谷。投手、野手、どちらで出場するのか注目が集まっているが「(希望は)全くない。使ってもらったところでというか、使ってもらえるならどこでもいい」ときっぱり語り「いつでもどちらでも『行け』と言われたら行ける準備をしています」と言葉に力を込めた。

 続けて「とにかく試合に勝ちたいし、そこに貢献できるならなんでもする。すごいメンバーがそろってるし、自分が自分がという感覚ではない」と粉骨砕身の精神で大会に臨む。「もし自分が監督ならどっちで使う?」との質問にも「あのメンバーならどっちも使わなくていいんじゃないかな」と冗談交じりに笑うなど、大人な対応をみせた。

 熾烈な外野手争いとなる秋山の漢字一字は「挑」。「向かっていく気持ち、挑んでいく気持ちが技術を上回ると思う。自分がどれくらいできるかも含めて大会に挑んでいきたい」と話した。

 同スポーツテレビ局では、WBCの本戦全試合、侍ジャパンの強化合宿および壮行試合、WBC強化試合を全戦生中継する。



関連写真

  • WBCへ意気込みを語った(左から)秋山翔吾選手、大谷翔平投手 (C)ORICON NewS inc.
  • 大谷翔平投手 (C)ORICON NewS inc.
  • 秋山翔吾選手 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス