• ホーム
  • 芸能
  • アンジャッシュ、コンビで新番組 トヨタ参戦で注目の世界ラリーを応援

アンジャッシュ、コンビで新番組 トヨタ参戦で注目の世界ラリーを応援

 日本の自動車メーカー・トヨタが参戦する「FIA世界ラリー選手権(WRC)」を応援する新番組『地球の走り方 〜世界ラリー応援宣言〜』が、テレビ朝日でスタートする。初回は2月8日(深0:50〜1:20、深2:00〜2:25)。以降、深夜不定期放送される。お笑いコンビ・アンジャッシュと桂田アマンダ純がレギュラー出演し、毎回ゲストが1組登場予定。

 19日から世界各地で13戦にわたって行われるWRC。F1などを主催するFIA(国際自動車連盟)によるラリーの世界選手権で、F1などのサーキットレースとは異なり、アスファルトなどの舗装路(ターマック)、未舗装路のグラベル、雪道のスノーといったいわゆる“一般道”を舞台にスピードを競う。

 そのWRC2017シーズンに日本の自動車メーカーとしてはスバルの撤退以来、8年ぶりにトヨタが参戦する。TOYOTA GAZOO Racingとしてチームの代表に4度のワールドチャンピオンを誇る“レジェンド”トミ・マキネンを迎え、ニューマシンのヤリス(ヴィッツ)WRCをヤーリマティ・ラトバラ、ユホ・ハンニネンがドライブするという布陣で優勝を狙う。

 ヨーロッパでは熱狂的に人気のあるWRCも、日本での知名度ははいま一つ。しかし、トヨタの復帰で注目度がアップすることを見越して、番組ではTOYOTA GAZOO Racingの戦いぶりを中心にさまざまな角度からラリーの魅力を伝えていく。

 高校野球やグルメ情報には精通しているアンジャッシュの渡部建といえども、ラリーについては初心者として視聴者と同じ目線で番組を進行。児嶋一哉はそんな渡部に対して“カーナビ”役となり、わかりやすく情報を発信していく。一方、桂田はモータースポーツ関係者の父を持ち、本人もWRCの現場に携わった経験を持つ心強い存在だ。

 1回目の放送では、第1戦ラリー・モンテカルロをダイジェストで放送。結果はもちろん、勝利したドライバーなどへのインタビュー、そして、トヨタがどう戦い、どのような結果を残したのかを総力取材する。日本のラリーマニアに自らの“ラリー愛”を語ってもらうコーナーや、雪道のスノーで行われる第2戦ラリー・スウェーデンのみどころなども紹介する。

 渡部は「モータースポーツ最高峰のひとつ、『世界ラリー選手権』の新しいシーズンがいよいよはじまります! 去年のチャンピオンチーム(フォルクスワーゲン)が突然の撤退を発表したり、ヨーロッパの強豪チーム(シトロエン)が復帰を果たしたり、今年は見どころ満載! 見どころと言えば、18年ぶりに帰ってくる日本のトヨタ。一体どんな戦いを見せるのか…と、いかにも詳しそうですが、私、渡部も『世界ラリー』ビギナーです。番組をご覧の皆さんと一緒に楽しんでいきますよ!」と、コメント。

 児嶋は「とにかく、世界ラリーは走行シーンの迫力がすごいんですよ! サーキットレースとは一味も二味も違う。一般道で行われますからね。それから、景色も綺麗な場所も多いんです。1年で13戦ありますから、四季の美しい風景も見どころのひとつです。僕は、普段バイクや車を運転するので、世界ラリーのことは気になっていました。この番組は、世界ラリーに興味のある人もない人も楽しく見られる番組です」とアピールした。



関連写真

  • テレビ朝日の新番組『地球の走り方 〜世界ラリー応援宣言〜』(2月8日深夜スタート)にレギュラー出演するアンジャッシュ(左から)児嶋一哉、渡部建
  • テレビ朝日の新番組『地球の走り方 〜世界ラリー応援宣言〜』(2月8日深夜スタート)にレギュラー出演する桂田アマンダ純

オリコントピックス