• ホーム
  • 芸能
  • 吉高主演『東京タラレバ娘』初回視聴率13.8%

吉高主演『東京タラレバ娘』初回視聴率13.8%

 女優・吉高由里子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』(毎週水曜 後10:00)の第1話が18日放送され、初回平均視聴率が13.8%だったことが19日、明らかになった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同ドラマは漫画家・東村アキコ氏による累計発行部数180万部を突破した人気コミック(講談社『Kiss』で連載中)を実写化。吉高演じる“独身、彼氏ナシ、仕事もイマイチ”という主人公・倫子らアラサー女子3人“タラレバ娘”たちの奮闘を痛快に描いていく。

 売れない脚本家の倫子(吉高由里子)は、 高校時代からの親友でネイリストの香(榮倉奈々)、居酒屋の看板娘・小雪(大島優子)と“女子会”と称して集まっては好き勝手言い合いながら酒を飲む毎日。ある日、倫子はドラマ制作会社の早坂(鈴木亮平)から「大事な話がある」と食事に誘われる。 8年前、ADでまだまだダサかった早坂に告白され、フッたことのある倫子だったが、今や立派なプロデューサーになった早坂からのプロポーズを期待してあおる香たち。そんな倫子たちの前に金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が現れ……。



オリコントピックス