• ホーム
  • 芸能
  • 【直虎】初回、録画視聴を含めた総合視聴率で22.1%

【直虎】初回、録画視聴を含めた総合視聴率で22.1%

 NHKは17日、8日に総合テレビで放送された大河ドラマ『おんな城主 直虎』初回(後8:00〜9:00※通常は〜8:45)の総合視聴率が22.1%に確定し、急きょメディア各社にリリースを配布した(視聴率はすべて世帯平均、関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 同番組のリアルタイム視聴率は16.9%。タイムシフト視聴率5.8%、総合視聴率22.1%。テレビ視聴率を調査しているビデオリサーチでは、昨年10月3日より、関東地区の900世帯でタイムシフト測定(7日以内=168時間内での録画視聴)を実施している。総合視聴率はリアルタイムかタイムシフトか、いずれかでの視聴を示す指標。

 『直虎』の舞台は、現在の静岡県浜松市に当たる遠江の井伊谷(いいのや)。浜名湖の北に位置する山間の集落を、平安時代から治めていたといわれる井伊家が、戦国時代に今川家の軍門に下り、勢力が減退。「桶狭間の戦い」後に訪れた存亡の危機に立ち向かったのが、女性でありながら家督を継いだ井伊直虎だった。後に徳川四天王と呼ばれた猛将・井伊直政(なおまさ)を育てた直虎の生涯を、女優の柴咲コウが演じる。

 物語は、主人公の直虎が、幼少期をともに過ごした井伊直親(三浦春馬)、小野政次(高橋一生)の3人の絆を中心に展開。第1回から第4回まで子ども時代を描き、直虎=おとわ役・新井美羽(10)、直親=亀之丞役・藤本哉汰(13)、政次=鶴丸役・小林颯(11)がそれぞれ演じる。

 制作統括の岡本幸江チーフプロデューサー(CP)のもと、脚本は森下佳子、音楽は菅野よう子ら、連続テレビ小説『ごちそうさん』のスタッフが集結。語りは『篤姫』(08年)で井伊直弼を演じた中村梅雀が務める。



オリコントピックス