• ホーム
  • 芸能
  • 「SoftBank×SMAP」CMの軌跡 放送1回で視聴者から支持

「SoftBank×SMAP」CMの軌跡 放送1回で視聴者から支持

 CMに関する調査を行うCM総合研究所は17日、2017年1月前期(2016年12月20〜2017年1月4日)の調査期間中に、わずか1回の放送回数で視聴者から最も多くの支持を集めた作品が、ソフトバンク/SoftBankの「SMAP:今まで本当にありがとう。」篇であることを発表した。

 同CMは、昨年12月26日のフジテレビ系冠番組『SMAP×SMAP』(最終回)で午後10時ころに放送され、当時ネット上では大きな話題となった。CM内容は、2016年末をもって解散したSMAPが『SoftBank』のCMに登場した2009年から2015年までのさまざまシーンを60秒に編集したもので、2017年1月前期の作品別CM好感度においても、3546作品中の13位を記録した。

 また、過去の同期間において、1回の放送で最も多くのCM好感度を獲得したのもSMAPと「白戸家」がコラボした『SoftBank』の330秒の「クリスマス手紙」篇(2011年12月29日放送)。さらに、2009年8月に5人がそろって華やかなステージで踊る『SoftBank』の「SMAP大移動」篇(60秒バージョン/東京キー5局同時刻にオンエア)は、同月度調査で作品別CM好感度の歴代ナンバーワンスコアをただきだすなど、「SoftBank×SMAP」の多くのシーンが広告業界に大きな軌跡を残した。



オリコントピックス