• ホーム
  • 芸能
  • 北大路欣也、神山繁さん追悼「優しくて闊達で凛としたお姿が忘れられません」

北大路欣也、神山繁さん追悼「優しくて闊達で凛としたお姿が忘れられません」

 今月3日に87歳で亡くなった俳優・神山繁(こうやま・しげる)さんの訃報を受け、東映時代劇や映画『八甲田山』、ドラマシリーズ『事件』(テレビ朝日)などで共演した俳優の北大路欣也(73)が16日、所属事務所を通じて追悼コメントを発表した。

 書面を通じて北大路は「若い時から時代劇、現代劇を問わず、多くの作品でご一緒させていただきました。優しくて闊達で凛としたお姿が忘れられません。合掌。」とコメントした。

 神山さんは1929年1月16日生まれ、東京出身。1952年に文学座に入り、演出助手を経て俳優になった神山さんは、63年に現代演劇協会設立に参加。65年にスタートしたドラマ『ザ・ガードマン』で人気を集め、映画『ブラック・レイン』(89年、リドリー・スコット監督)、『踊る大捜査線 The Movie 2レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年、本広克行監督)、『沈まぬ太陽』(09年、若松節郎監督)、『アウトレイジ ビヨンド』(2012年、北野武監督)などに出演した。

 神山さんの所属事務所はサイトを通じて「俳優・神山繁は、本日1月16日に米寿の祝を迎えるはずでございましたが、2017年1月3日穏やかに安らかに旅立ちました。享年87歳」と報告。「『葬式無用、戒名不用』という生前の本人の意志を尊重致しまして、近親者のみで静かに見送ることができました。皆々様の生前のご厚誼に深く感謝申し上げます。ありがとうございました」と感謝のメッセージが掲載した。



オリコントピックス