• ホーム
  • 芸能
  • 窪塚洋介、映画プレミアで圧倒スピーチ スコセッシ監督の“敬意”に感謝

窪塚洋介、映画プレミアで圧倒スピーチ スコセッシ監督の“敬意”に感謝

 俳優の窪塚洋介が17日、都内で行われた映画『沈黙-サイレンス-』(21日公開)ジャパンプレミアに出席。同作でメガホンをとったマーティン・スコセッシ監督作に出演した思いを「あふれるような敬意を感じて、毎日夢の中で仕事をしているようでした」と表現し、「きょうが僕の役者人生の最良の日です。そこに立ち会っていただけて本当に幸せに思います」と熱を込めたスピーチで圧倒した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、遠藤周作さんの小説『沈黙』を、『タクシー・ドライバー』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などで知られるスコセッシ監督が映画化。キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験を描き出す。『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールドが宣教師を演じ、日本からは窪塚、浅野忠信イッセー尾形塚本晋也小松菜奈加瀬亮が参加した。

 立ち上がり観客へ向けて語り出した窪塚は「マーティン・スコセッシ監督、どんだけ日本に来てくれるんですか。この30年、制作のためにこの人がどれだけ日本にきたと思いますか。彼がどれだけ日本に、そして遠藤周作さんに、ひいては皆さんにどれだけ敬意をはらってくれているか。こんなどこの馬の骨とものわからない俺に、毎日どれだけ敬意をはらってくれたか」と感謝。

 過酷なシーンも多かったが、撮影中は「どれだけ山の上が厳しい寒さだろうが、どれだけ正座を長いことさせられて古傷が痛もうが、どれだけ待ち時間が長かろうが。そんなこの幸せの一部だろうという時間を過ごさせてもらいました」と回顧。最後は「スコセッシ監督の思い、遠藤周作さんの思いが皆さんに届いて、より良い明日を過ごせるようになることを信じて疑いません」と願いを込めた。

 スコセッシ監督への尊敬と作品を伝えようとする熱いスピーチに会場の空気が一変。共演者たちも圧倒され、浅野は「窪塚さんのすばらしいスピーチのあとで何を言っていいかわからない」、塚本も「窪塚さんのあいさつ聞いたら、考えていたことが全部吹き飛びました」というほど。スコセッシ監督は「アリガト」とうれしそうに窪塚の肩を叩いて応えていた。



関連写真

  • マーティン・スコセッシ監督の“敬意”に感謝のスピーチをした窪塚洋介(左) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)加瀬亮、塚本晋也、窪塚洋介、マーティン・スコセッシ監督、浅野忠信、小松菜奈、イッセー尾形 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアに出席したマーティン・スコセッシ監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアに出席した窪塚洋介 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアに出席した浅野忠信 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアに出席したイッセー尾形 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアに出席した塚本晋也 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアに出席した小松菜奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアに出席した加瀬亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアの模様
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアの模様
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアの模様
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアの模様
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアの模様
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアの模様
  • 映画『沈黙-サイレンス-』ジャパンプレミアの模様

オリコントピックス