• ホーム
  • 芸能
  • 小日向文世、過酷撮影で「死ぬかと思った」 裏話披露も深津絵里ら苦笑

小日向文世、過酷撮影で「死ぬかと思った」 裏話披露も深津絵里ら苦笑

 俳優の小日向文世(62)が16日、都内で行われた映画『サバイバルファミリー』(2月11日公開)完成披露舞台あいさつに出席。11月に川の中で行った撮影を振り返った小日向は「死ぬかと思いました。とにかく冷たくて、当日はお医者さんもスタンバイしていた」と当時の様子を伝えるも、そのまま思わぬ“カミングアウト”もしてしまい、深津絵里(44)ら共演者を苦笑させた。

【写真】その他の写真を見る


 問題のシーンは、小日向のほか、家族を演じた深津、泉澤祐希(23)、葵わかな(18)も一緒に川に入る場面。小日向は「衣装の下にウエットスーツを着ていたけれど、隙間から冷水が入ってくる。ずっと川から出られなかったので、我慢しきれなくておしっこをするわけですが、なんて温かいんだろうって」と裏側を告白。共演者たちへ向けて「(みんな)したでしょ?」と声をかけるも全員が苦笑し、矢口史靖監督(49)から「小日向さんだけですよ」とツッコまれていた。

 深津は豚を追いかけるシーンが大変だったといい、「自分で何をしているんだろうって感じるくらい」と吐露。小日向は「僕は豚に振り落とされて、胸を強打した。たぶん(骨に)ヒビが入っていたと思う」と訴えるも、またもや矢口監督から「小日向さんは痛がりで、そういうところばっかりアピールする」と返され、笑わせていた。

 同作は、『ウォーターボーイズ』(01年)、『スウィングガールズ』(04年)などの矢口氏が原案・脚本・監督を担当。電気が消滅し人々の生活が危機を迎えた世界を舞台に、生き残りを懸けて東京脱出を試みる家族の姿を描く。舞台あいさつでは、作品にちなみ電飾看板を自転車発電で照らすイベントも行われた。



関連写真

  • 小日向文世 (C)ORICON NewS inc.
  • 深津絵里 (C)ORICON NewS inc.
  • 葵わかな (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『サバイバルファミリー』完成披露舞台あいさつの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 泉澤祐希 (C)ORICON NewS inc.
  • 自転車発電に挑戦した小日向文世 (C)ORICON NewS inc.
  • 矢口史靖監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス