• ホーム
  • 芸能
  • 日本アカデミー賞優秀賞発表 『怒り』が最多受賞

日本アカデミー賞優秀賞発表 『怒り』が最多受賞

 2016年の1年間に日本で公開された映画の優秀作品を表彰する『第40回日本アカデミー賞』15部門と新人俳優賞の受賞者・作品が16日、日本アカデミー賞協会から発表された。優秀作品賞には大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』、『怒り』、『湯を沸かすほどの熱い愛』などが選出。昨年は特に台頭が目立った優秀アニメーション作品賞には、旋風を起こした新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』や、のんの声優も話題を呼んだ『この世界の片隅に』などが選出された。最優秀賞は3月3日に都内で行われる授賞式で決定する。

【写真】その他の写真を見る


 渡辺謙宮崎あおいら豪華俳優陣の共演が話題になった『怒り』が最多11部門(※受賞数は12)、紅白歌合戦でも企画された『シン・ゴジラ』は10部門(※受賞数は11)で受賞した。宮崎あおいと広瀬すずは、それぞれ優秀主演女優賞と優秀助演女優賞でW受賞となった。

 同賞の司会は、昨年の『日本アカデミー賞』で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ、男性は日本アカデミー賞協会組織委員会副会長の西田敏行が4年連続で務める。安藤は「とにかく粗相がないように、悪目立ちしないように」と緊張気味だが、「会場の雰囲気を楽しみたい」と意気込み。西田は「不安であっても、そういうことを含めて楽しむことができる女優さんだと思う」と期待していた。

 今回の選考対象は、2015年12月16日〜2016年12月15日の期間に東京地区の商業映画劇場にて有料で初公開され、1日3回以上、かつ2週間以上継続して上映された40分以上の作品。

『第40回日本アカデミー賞』優秀賞の主な受賞結果は以下の通り。

■優秀作品賞
『怒り』
『家族はつらいよ』
『シン・ゴジラ』
『湯を沸かすほどの熱い愛』
『64-ロクヨン-前編』

■優秀アニメーション作品賞
『君の名は。』
『聲の形』
『この世界の片隅に』
『ルドルフとイッパイアッテナ』
『ONE PIECE FILM GOLD』

■優秀監督賞
庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)『シン・ゴジラ』
新海誠『君の名は。』
瀬々敬久『64-ロクヨン-前編』
中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』
李相日『怒り』

■優秀主演男優賞
綾野剛『日本で一番悪い奴ら』
岡田准一『海賊とよばれた男』
佐藤浩市『64-ロクヨン-前編』
長谷川博己『シン・ゴジラ』
松山ケンイチ『聖の青春』

■優秀主演女優賞
大竹しのぶ『後妻業の女』
黒木華『リップヴァンウィンクルの花嫁』
広瀬すず『ちはやふる-上の句-』
宮崎あおい『怒り』
宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』

■優秀助演男優賞
竹原ピストル『永い言い訳』
妻夫木聡『怒り』
東出昌大『聖の青春』
森山未來『怒り』
リリー・フランキー『SCOOP!』

■優秀助演女優賞
石原さとみ『シン・ゴジラ』
市川実日子『シン・ゴジラ』
杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
広瀬すず『怒り』
宮崎あおい『バースデーカード』

■新人俳優賞
杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
高畑充希『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
橋本環奈『セーラー服と機関銃-卒業-』
岩田剛典『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
坂口健太郎『64-前編-』『64-後編-』
佐久本宝『怒り』
千葉雄大『殿、利息でござる!』
真剣佑『ちはやふる-上の句-』『ちはやふる-下の句-』
※最多受賞数に新人俳優賞は含まず



関連写真

  • 『第40回日本アカデミー賞』で最多受賞をした映画『怒り』(C)2016「怒り」製作委員会
  • 『第40回日本アカデミー賞』授賞式の司会を務める(左から)西田敏行、安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 『第40回日本アカデミー賞』授賞式の司会を務める西田敏行 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第40回日本アカデミー賞』授賞式の司会を務める安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス