• ホーム
  • 芸能
  • 木村拓哉主演『A LIFE』初回14.2%の好スタート

木村拓哉主演『A LIFE』初回14.2%の好スタート

 元SMAPの木村拓哉が主演したTBS系ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(毎週日曜 後9:00)の第一話が15日放送され、初回視聴率が14.2%だったことが16日、わかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。木村にとっては大みそかのSMAP解散後、初めて挑む作品で好スタートを切った。初回は25分拡大で放送され、最高視聴率は午後10時1分の16.1%だった。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、木村が外科医に初めて挑む「たったひとつの命」「かけがえのない人生」をめぐるヒューマンラブストーリー。沖田の元恋人・壇上深冬役には竹内結子、沖田の幼なじみで深冬の夫・壇上壮大役に浅野忠信、野心家の若手外科医・井川颯太役に松山ケンイチ、優秀なオペナース・柴田由紀役に木村文乃、壇上記念病院の顧問弁護士・榊原実梨役に菜々緒、第一外科部長・羽村圭吾役に及川光博ら、豪華キャストが脇を固める。

 第一話は 木村演じる外科医・沖田一光(木村拓哉)がアメリカ・シアトルから東京にある壇上記念病院へ10年ぶりに戻ってくるとことからスタート。院長・壇上虎之介(柄本明)が心臓疾患で倒れ、虎之介からその手術を任されたのだ。しかし虎之介の娘で小児外科医の壇上深冬(竹内結子)とその夫で副院長の壇上壮大(浅野忠信)は、沖田を壇上記念病院に再び迎え入れることに戸惑う。実は深冬はかつて沖田の恋人で、壮大は沖田と幼なじみだったのだ。沖田の渡米により、壮大は脳外科医でありながら秀でた経営手腕を虎之介に見込まれ、深冬と結婚。経営の合理化を進め、壇上記念病院での確固たる地位を築いていたが、最近では経営方針を巡って虎之介と対立していた…というあらすじ。



関連写真

  • 木村拓哉主演のTBS日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』 (C)ORICON NewS inc.
  • 竹内結子がTBS系日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』試写会に登場 (C)ORICON NewS inc.
  • 浅野忠信がTBS系日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』試写会に登場 (C)ORICON NewS inc.
  • 松山ケンイチがTBS系日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』試写会に登場 (C)ORICON NewS inc.
  • 菜々緒がTBS系日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』試写会に登場 (C)ORICON NewS inc.
  • 木村文乃がTBS系日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』試写会に登場 (C)ORICON NewS inc.
  • 及川光博がTBS系日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』試写会に登場 (C)ORICON NewS inc.
  • 竹内結子がTBS系日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』試写会に登場 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス