• ホーム
  • 音楽
  • 高橋真梨子側、法的措置取りやめ 文春側と協議で「理解いただいた」

高橋真梨子側、法的措置取りやめ 文春側と協議で「理解いただいた」

 歌手の高橋真梨子(67)が11日発売の週刊誌『週刊文春』で「紅白歌合戦で紅組司会の有村架純に怒った」と報じられた件について、所属事務所は13日、同誌に対する法的措置を取りやめたと高橋の公式サイトで発表した。

 同誌では、昨年大みそかの『第67回NHK紅白歌合戦』で歌唱前に高橋のメッセージを代読した有村に対し、高橋が読み方に不満を抱き怒ったと報道。きのう12日には事務所が報道に対し「事実無根」と公式サイトで反論、「今後、名誉毀損(きそん)の訴えを起こす予定でおります」としていた。

 13日掲載の文面では、改めて報道を否定した上で「編集サイドとの話し合いの結果こちらの事実関係はご理解いただいたとして、弊社としまして今後この件に関して法的措置は取り止めましたのでご報告申し上げます」と経緯を説明している。



オリコントピックス