• ホーム
  • 音楽
  • 実写『3月のライオン』前後編 主題歌はぼくりり&藤原さくら

実写『3月のライオン』前後編 主題歌はぼくりり&藤原さくら

 俳優の神木隆之介主演で人気漫画を2部作で映画化する『3月のライオン』の主題歌を、ぼくのりりっくのぼうよみ(18)と藤原さくら(21)がそれぞれ担当することが12日、わかった。前編主題歌としてぼくのりりっくのぼうよみが「Be Noble」を書き下ろし、後編主題歌は藤原がスピッツの人気曲「春の歌」をカバー。2人とも映画主題歌を担当するのは今回が初となる。

 2015年に高校生でメジャーデビューしたぼくのりりっくのぼうよみは、言葉を縦横無尽に操る文学性の高いリリックで注目を集めている新鋭。「主人公の零君が、必死に足掻き自分の居場所を求める様子に感動しました。その姿から、Be Noble(=気高くあれ)というタイトルを思い付きました」と楽曲に込めた思いを説明。予告編では2ndアルバム『Noah’s Ark』(1月25日発売)に収録される原曲が流れるが、本作では歌詞・トラックともにアレンジを施した「Be Noble(re-build)」を提供した。

 後編を担当する藤原は、原作者の羽海野チカ氏が連載構想時にイメージしながら聴いていたという「春の歌」のカバーに挑戦。「原作がもともと大好きだったので主題歌のお話をいただき夢のような気持ちでした。本作の原点にもなったというスピッツさんの『春の歌』に作品から受け取った愛を込められて心から幸せに思います」と喜んでいる。

 メガホンをとる大友啓史監督は「それぞれが2人の持ち味を十分に発揮した、そして映画の読後感を気持ちよく後押してくれる素晴らしい曲になっていると思います。映画と共に、早く多くの方々に聴いていただきたい、そんな思いでいっぱいです」とコメントを寄せた。

 『3月のライオン』【前編】は3月18日、【後編】は4月22日公開。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 人気漫画を2部作で映画化する『3月のライオン』 (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 前編主題歌「Be Noble」を書き下ろしたぼくのりりっくのぼうよみ
  • 後編主題歌は藤原さくらがスピッツの「春の歌」をカバー

オリコントピックス