• ホーム
  • 芸能
  • 綾瀬はるか、ゲームでルール違反連発「言っちゃった」 堤真一らが爆笑

綾瀬はるか、ゲームでルール違反連発「言っちゃった」 堤真一らが爆笑

 女優の綾瀬はるか(31)が11日、都内で行われた映画『本能寺ホテル』(鈴木雅之監督)公開直前イベントに出席。作品にちなみ、W主演を務めた堤真一(52)とジェスチャーゲームなどで対決することになったが、綾瀬の天然ボケが炸裂して何度も場を盛り上げ、堤らもお腹を抱えて笑っていた。

【写真】その他の写真を見る


 昨年12月に行われた同作の完成報告会見でも、作品についてアピールしようとしたものの「本能寺の変という歴史の中の大きな出来事を笑いあり、面白く、ハラハラドキドキに“それなりに”描いています」と言ってしまい、堤らを爆笑させた綾瀬。この日も天然ボケが止まらなかった。

 最初に行われた射的の勝負では、点数の高い的に命中させて大喜びしたあとに「射的はやったことはあまりないけれど、銃はあったので」とコメント。堤が「銃!?」と驚くなか、「大河ドラマで…」と説明を付け足した。

 続いて、観客に協力してもらってジェスチャーでお題を当ててもらうゲームに挑戦。綾瀬は「ホトトギス」というお題には口笛を吹いて鳥の動きを表現し、「本能寺の変」というお題に、後ろにあった同作の看板を指差しながら「本能寺の変〜♪」と歌うように声に出してしまい、自ら「言っちゃった」と大笑い。

 最後に行った絵心対決では忍者がお題となり、綾瀬はなぜか目元にモザイクの入った忍者の絵を披露。堤が描いた顔を隠した忍者の絵を見て「隠すところを間違えた」と照れ笑いしていた。

 同作は、戦国時代につながる本能寺ホテルに宿泊することになったヒロインが、織田信長らと交流を深めていくなかで、1582年に迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日であると気づくというストーリー。14日公開。



関連写真

  • ゲームで天然ボケを連発した綾瀬はるか (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『本能寺ホテル』公開直前イベントに出席した(左から)鈴木雅之監督、綾瀬はるか、堤真一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『本能寺ホテル』公開直前イベントのジェスチャーゲームの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『本能寺ホテル』公開直前イベントの射的ゲームの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 絵心対決で忍者の絵を披露する(左から)堤真一、綾瀬はるか=映画『本能寺ホテル』公開直前イベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス