• ホーム
  • 芸能
  • 小林麻央、がん公表後初TV出演「市川海老蔵を支えるチャンスを神様ください」

小林麻央、がん公表後初TV出演「市川海老蔵を支えるチャンスを神様ください」

 乳がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央(34)が、9日放送の日本テレビ系ドキュメンタリー『市川海老蔵に、ござりまする。』(後10:00)にインタビュー出演。昨年6月のがん公表以来初となるテレビ出演で、闘病生活や夫で歌舞伎役者・市川海老蔵(39)への思いを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 インタビューは今月4日に入院中の病院で収録されたもの。麻央は、まず海老蔵について「父(十二代目・市川團十郎さん)が亡くなってから、すごく孤独だなって感じることが多かった」と回顧。その後、自身が病と闘う中で「誰かに話したり共有しきれない悲しみ」を経験し、そうした海老蔵の思いを理解できるようになったと話し「私が病気をして得たものの一つかなって思う」と語った。

 続けて「もし私がこの病気を乗り越えて、試練というものを乗り越えられたときに、病気をする前よりもちょっといいパートナーになれるんじゃないかな」と話すと「役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを神様くださいっていつも思うんですね」と涙を拭った。

 さらに「主人は、私とは違う物差しで、俯瞰(ふかん)して物事を見ることを教えてくれる。主人と結婚したからこそ、今、私は生きていられるって思います。そうじゃなかったら、心が死んじゃっていたかもしれない」と海老蔵への感謝を述べていた。

 海老蔵は放送後、自身のブログを更新し「私もマオのインタビューで涙しました。役者・市川海老蔵を支えるチャンスを神様ください。と涙しながら言っていた」と振り返ると「おいおい、だめだよ、それ! もうだめだよ。なんという事をいうの!? …なんて人なんだろう…」と思いをつづった。



関連写真

  • 1月9日放送の『市川海老蔵に、ござりまする。』で夫・市川海老蔵への思いを語った小林麻央 (C)日本テレビ
  • 1月9日放送の日本テレビ系ドキュメンタリー番組『市川海老蔵に、ござりまする。』では市川海老蔵の襲名後初の夏休みにも密着 (C)日本テレビ

オリコントピックス