• ホーム
  • 芸能
  • 新旧“ブレードランナー”が並び立つ 2ショット写真初公開

新旧“ブレードランナー”が並び立つ 2ショット写真初公開

 SF 映画の傑作、リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』(1982年)の続編『ブレードランナー 2049』(11月公開)に登場する新旧“ブレードランナー”の2ショット写真が初公開された。前作で、人間と見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”リック・デッカードを演じたハリソン・フォードと、新作で主演を務めるライアン・ゴズリング。これまで伏せられていたライアンが演じるキャラクターが、新人ブレードランナー“K”であることも判明した。

 オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年。世界には新たな危機が迫り、物語は“K”が30年間行方不明であったデッカードを探すところからスタートするという。

 『ブレードランナー』といえば、オリジナルが公開されてから 34 年間、リドリー・スコット監督(新作では製作総指揮)は「デッカードはレプリカントである」と主張し、ハリソンは「デッカードはレプリカントではない」と真っ向から対立。ファンの間でも長きに渡り論争を巻き起こしてきた。

 新作の監督を務めるドゥニ・ヴィルヌーヴは、撮影期間中にハリソン、リドリーとともに食事に出かけ、「デッカードがレプリカントであるべきか、人間であるべきかという論争で、ハリソンとリドリーから集中攻撃を受けたんだ。オリジナルの大ファンとしては、この夕食の席は一生の思い出になったよ(笑)」と話す。この論争は『〜2049』で決着するのだろうか?

 ハリソンは「これについては自分自身を喜んで検閲するよ。オリジナル版を撮影していた時から興味深い問題だったし、その時にその答えは得られていないからね。ただ、『2049』は十分に入場料に値する、ということは言えるよ(笑)」とコメントしている。

 初公開された2ショット写真では、ブレードランナーとしてハリソンと堂々肩を並べるライアン。「ハリソン・フォードは自分のヒーローだ」と話すライアンは、初めてハリソンを目の当たりにした時のことを「ちょうどセットが独特の雰囲気の霧に包まれていた時に、どこからともなくハリソンが現れたんだ。シルエットだけでも間違えようがなかったよ。僕は彼を満足させる物を創り上げられる事を心から願ったんだ」と振り返った。

 8日(日本時間9日)に受賞結果が発表された『第74回ゴールデン・グローブ賞』では、ライアンとエマ・ストーンがダブル主演したミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』(2016年、日本では17年2月24日公開)が、映画の部コメディ/ミュージカル部門の作品賞をはじめ最多7部門を受賞。ライアンも男優賞を受賞し、アカデミー賞への期待も高まる。『ブレードランナー2049』の公開を控えるライアンにとって、2017年は飛躍の一年になりそうだ。



オリコントピックス