• ホーム
  • 音楽
  • K、ビクターに移籍 新曲は『科捜研の女』主題歌に起用

K、ビクターに移籍 新曲は『科捜研の女』主題歌に起用

 シンガー・ソングライターのKが9日、名古屋ブルーノートで『K Premium Live 2017』を行い、ビクターエンタテインメントへの移籍と、ニューシングル「シャイン」を2月22日にリリースすることを発表した。新曲は、これまでさまざまなアーティストをプロデュースしてきた寺岡呼人をプロデユーサーに迎え、テレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)の主題歌として書き下ろされたもの。今月12日の放送から使用される。

 『科捜研の女』は沢口靖子演じる京都府警察科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコを中心とした科捜研メンバーが事件の真相解明に挑む姿を描くミステリー。今年でシリーズ放送18年目を迎える。

 ドラマのプロデューサーから、「視聴者が『明日への一歩を踏み出せる、希望にみちた曲』にしてほしい」と、リクエストを受けたKは、「『目の前の小さな幸せを大切にすることで、いつかきっと、より大きな幸せへと花開き、周りの人たちを幸せにする』そんな思いを込めました。この曲がドラマと寄り添い、皆さんの心に少しでも輝きをもたらしてくれたらうれしいです」とコメント。

 移籍に関しては「デビューから在籍していたレコード会社を離れ、新天地で活動することは、大きなターニングポイント。目の前の事を大切にし、頑張っていきたい」と決意を語っている。

 韓国・ソウル市出身のKは、地元の教会でピアノ演奏と歌を歌っていたところを見出され、2004年に韓国で歌手デビュー。その半年後、ピアノの弾き語りが出来るアーティストを探していた日本のスタッフにスカウトされ、来日。05年3月、ソニー・ミュージックレコーズからドラマ『H2〜君といた日々』(TBS)の主題歌「over...」で日本デビューした。同年、沢尻エリカ主演のドラマ『1 リットルの涙』(フジテレビ)の主題歌になった「Only Human」もヒットし、一躍人気アーティストの仲間入りを果たす。14年にタレントの関根麻里と結婚し、15年11月に第1子女児が誕生した。



関連写真

  • シンガーソングライター・Kがビクターへ移籍。新曲はテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』の主題歌に決定
  • K、移籍第1弾シングル「シャイン」(初回盤)
  • K、移籍第1弾シングル「シャイン」(通常盤)

オリコントピックス