• ホーム
  • 音楽
  • 氣志團、19年ぶりに初代4人で演奏 結成20周年“成人式”ライブで

氣志團、19年ぶりに初代4人で演奏 結成20周年“成人式”ライブで

 ロックバンド・氣志團が8日、パシフィコ横浜 国立大ホールで『氣志團結成二十周年記念公演「成人式〜YOKOHAMA二十才ごえ〜」』を開催した。1997年の結成から20周年を迎えた“成人式”ライブには、初代メンバーの白鳥雪之丞(Dr)と毒蝮愛(G)がサプライズで登場し、綾小路翔(Vo&G)、早乙女光(B)の4人で19年ぶりに演奏。会場は5000人の“KISSES”(氣志團ファン)の大歓声に包まれた。

 ライブ冒頭、綾小路が「ようこそ来てくれたな、氣志團成人式! 人生で一番楽しい日を送ろうぜ! 準備できてる? まずは肩慣らしだ!」と切り出すと、代表曲「One Night Carnival」で“成人式”が幕を開けた。

 「鉄のハート」「潮騒の子守唄」「BOYS BRAVO!」「恋人」など1stアルバム『1/6 LONELY NIGHT』(2002年)や2ndアルバム『BOY’S COLOR』(03年)に収録された初期の楽曲を中心に披露。曲間には、「あの頃の俺たち」「第一期ピーク」「再始動」といった当時のエピソードを振り返るコメント映像がふんだんに挟み込まれ、氣志團20年の歴史をたどるライブとなった。

 アンコールではモニターに結成時まで逆戻しの映像が流れ、「1997年の氣志團」の文字が浮かび上がると、初代メンバーで2014年3月に“無期休学”したドラマーの白鳥と1998年に脱退した初代ギタリスト・毒蝮がサプライズで登場し、ファンは大興奮。綾小路がギター、早乙女がベースを弾き、4人で「RUN★BAKURATEN★RUN」を熱演した。

 綾小路は「はじめまして! 初代氣志團です! 20年前、このメンバーで氣志團はじめました! 19年ぶりに4人で演奏しました!」と感慨ひとしおの様子。最後は新旧メンバー入り混じって「ゆかいななかまたち」を披露し、大団円を迎えた。同公演はDVD/Blu-ray化され、3月22日に発売される。



関連写真

  • 氣志團が19年ぶりに初期メンバー4人で演奏(8日=パシフィコ横浜 国立大ホール)  Photo by Yoshika Horita
  • 氣志團20年の歴史をたどるライブ
  • 氣志團結成二十周年記念公演「成人式〜YOKOHAMA二十才ごえ〜」より

オリコントピックス