• ホーム
  • 芸能
  • 仲里依紗、小雪主演『大貧乏』1話にゲスト出演「存在感のある役に」

仲里依紗、小雪主演『大貧乏』1話にゲスト出演「存在感のある役に」

 女優の仲里依紗が8日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『大貧乏』(毎週日曜 後9:00)第1話にゲスト出演することが明らかになった。小雪演じる主人公でシングルマザーの七草ゆず子が働く会社・DOHの倒産劇の鍵を握る女子社員役を演じる。仲は「ゲスト出演ですが、存在感のある役にできたらいいなと思いました」と意気込んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは権力者の欲により無一文に追い込まれたゆず子が理不尽な社会に立ち向かう奮闘劇であり、愛しい子供たちとの生活を守るため、悩みながらも前進していくたくましい“母”の姿を描くハートフルドラマ。仲演じる野村梨沙は、DOH経理部に勤めるごく普通のOL。年の離れた妹を大学進学させるために上京しDOHに就職した、おとなしいながらも真面目で実直な性格の持ち主。ゆず子とは会社の破産申し立てについての社内説明会で隣り合わせたことで出会う。

 2人は積み立ててきた社内預金の行方を案じ途方に暮れるが、会社の倒産に裏があることを知り、ごく一般的な、一女子社員という弱い立場で、それぞれが正義と重圧の狭間で揺れながら一歩踏み出し、行動し始める…。

 撮影を終えた仲は「小雪さんが気さくに話しかけてきてくださり、現場でも緊張せずにお芝居することができました」と感想を語り、「立場が弱くても立ち向かっていく姿に、元気をもらえる作品だと思います。どんな展開になるのか、私も楽しみです!」と期待を寄せている。



関連写真

  • ドラマ『大貧乏』に出演する仲里依紗
  • ドラマ『大貧乏』で共演した(左から)仲里依紗、小雪
  • ドラマ『大貧乏』に出演する仲里依紗

オリコントピックス