• ホーム
  • 芸能
  • メイプル超合金、子ども受けの悪さにガッカリ 安藤なつが話し始めると泣き声が…

メイプル超合金、子ども受けの悪さにガッカリ 安藤なつが話し始めると泣き声が…

 お笑いコンビ・メイプル超合金が9日、東京スカイツリー内のツリービレッジで行われた4月スタートのTVアニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』(毎週土曜 前7:00)発表会に出席。イベントでトミカショップの一日店長を務めた2人だが、普段は子どもとあまり絡む機会がないといい、カズレーザー(32)は「子ども人気があったと実感したかったですけど、さほどでしたね。意外と距離詰めてくれなかった」と肩を落とした。

【写真】その他の写真を見る


 イベント中に安藤なつ(35)が話し始めた途端に、子どもの泣き声が響き渡る場面もあり、カズレーザーは「子どもにしか聞こえないモスキートーンあるんじゃないの?」と子ども受けの悪さを懸念し、「人気者のぺこ&りゅうちぇるだよ」とボケて会場を笑わせた。

 イベント終了後、集まった取材陣から「子ども人気を得るにはどうすればいい?」と問われると、カズレーザーは「このアニメの声優やらせてもらうしかない。村人Aでいいから」と側にいた関係者に懇願。安藤も「姫役で!」とお願いするも、カズレーザーから「気を確かに」と突っ込まれていた。

 同番組は昨年4月よりTBS・MBS系で土曜朝に誕生したアニメ枠が、今年4月より1時間に拡大され、これまで“日5”で親しまれてきた日曜午後5時からのアニメ枠を移動させ、2番組を合わせて1時間のアニメ枠“アニサタ”を編成する。

 今から少しだけ未来で開発され、警察・消防・救急それぞれの能力に特化した特殊機体“ドライブヘッド”は、ドライバー全員が小学生。街を脅かす災害や事件に3機のドライブヘッドとともに立ち向かっていく姿が描かれる。ミニカーブランド「トミカ」の初めてのテレビアニメ化作品となる。



関連写真

  • トミカショップの一日店長を務めたメイプル超合金
  • 『ドライブヘッド』メインビジュアル(C) TOMY/ドライブヘッド・TBS
  • トミカショップの一日店長を務めたメイプル超合金
  • トミカショップの一日店長を務めたメイプル超合金

オリコントピックス