• ホーム
  • 芸能
  • がん手術の梅宮辰夫「2年間は様子見」 本格復帰に高橋克典らも安堵

がん手術の梅宮辰夫「2年間は様子見」 本格復帰に高橋克典らも安堵

 十二指腸乳頭部がんを患い昨年7月に手術を受けた俳優の梅宮辰夫(78)が6日、都内で行われた動画配信サービス「AbemaTV」初のオリジナル連続ドラマ『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル』の完成発表会見に出席。同作が療養後の復帰作となる梅宮は、主演の高橋克典(52)らと軽快な掛け合いを交わしながら撮影時を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 質疑応答でも報道陣から体調を心配する声があがり「体調は徐々に良くなってる。ただ、がんですから2年間は様子をみないと大丈夫なのか、どうなのかわからないそうです」と笑顔で答えた梅宮。「何でもしゃべれるし、体重もじわりじわりと戻ってる。(入院時は)体重が11キロ減ったけど、いまは4キロ戻りました。ありがとうございます、大丈夫です」と復調をアピールした。

 共演した高橋は「実はスタッフといろんな話をしたけど、やっぱり梅宮さんしかいない。どんな状態でも引きずり出そうと思ってました」と代役は考えなかったという。梅宮が、前作でNGを11回出したと自虐的に明かすなか、高橋は「若返ってるなと。今回はセリフが完璧でNGがなくて(現場が)ザワザワした。何の心配もなく、カッコいいなと思いました」と絶賛していた。

 現在も『日刊ゲンダイ』で連載中の柳沢きみお氏による漫画シリーズを原作とした同ドラマは、主人公の只野仁(高橋)が、昼間は大手広告代理店・電王堂の総務二課係長という、うだつの上がらないサラリーマンだが、夜になると一転、会長直属の「特命係長」として、社内外のトラブルを解決するため大活躍する物語。

 「AbemaTV」初のオリジナル連続ドラマとして5年ぶりに復活する同シリーズ。主人公を演じる高橋は「かれこれ15年、この役と関わって、52歳にもなってこの役をやるとは」と笑いながら「今度の只野仁は(AbemaTVで)いつでもどこでも見られます。どうぞ、お楽しみください」と視聴者へ呼びかけていた。

 会見にはそのほか、櫻井淳子(43)、永井大(38)、田山涼成(65)、坂田梨香子(23)、三浦理恵子(43)が出席。ドラマは、あす7日(毎週土曜 後11:00 全5話)よりスタート。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • がん手術後の経過を明かした梅宮辰夫 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)高橋克典、梅宮辰夫 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)田山涼成、永井大、櫻井淳子、高橋克典、梅宮辰夫、三浦理恵子、坂田梨香子 (C)ORICON NewS inc.
  • 連続ドラマ『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル』の完成発表会見に出席した梅宮辰夫 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)田山涼成、永井大、櫻井淳子、高橋克典=連続ドラマ『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル』完成発表会見 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)三浦理恵子、坂田梨香子=連続ドラマ『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル』完成発表会見 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス