• ホーム
  • 音楽
  • いきものがかり水野「ご心配おかけしてすみません」

いきものがかり水野「ご心配おかけしてすみません」

 人気ユニット・いきものがかりが5日、「放牧宣言」したことを受け、リーダーの水野良樹が自身のツイッターでも「放牧となりました」と報告した。

 「メンバーそれぞれに新しい風に触れて、また成長したいと思います」と心境をつづったうえで、衝撃を受けているファンに対し「ご心配おかけしてすみません」とお詫び。「これからもいきものがかりの吉岡、山下、水野をよろしくお願いします」とあいさつした。

 ツイッターには牛の着ぐるみを着用し、片手を上げるボーカル・吉岡聖恵の写真も掲載。「ちなみにこちらの写真は着ぐるみをかぶってごきげんな吉岡さん」とのコメントも添えた。

 昨年3月にデビュー10周年を迎え、地元で4公演計10万人を動員する大規模な野外ライブを行うなど節目の年を終えたメンバーはこの日、公式サイトで「10年間、3人で一生懸命に頑張ってきたので、ここらで一度、メンバーそれぞれ、自由になってみようと思います」と“放牧”宣言。真意をはかりかねたファンを混乱させていた。



オリコントピックス