• ホーム
  • 芸能
  • 赤ペン瀧川先生、ベン・アフレック新作を熱弁「ついに当たり役を発掘した」

赤ペン瀧川先生、ベン・アフレック新作を熱弁「ついに当たり役を発掘した」

 映画コメンテーター、俳優としても活躍する“赤ペン瀧川先生”こと瀧川英次(39)が5日、都内で映画『ザ・コンサルタント』(21日公開)トークイベントに出席。アクション監督のおぐらとしひろ氏(45)と共に、米俳優ベン・アフレックが主演する同作の魅力を語った。

【写真】その他の写真を見る


 同作でアフレックが演じているのは、田舎のしがない会計士という表の顔を持ちながら、大量の武器を隠し持ち、大企業の不正を暴いてマフィアを壊滅へ陥れる男クリスチャン・ウルフ。インドネシアの伝統的な格闘術・シラットを習得するなど、ほぼスタントなしで挑んだアクションシーンが見どころの一つになっている。

 瀧川は、最近ではテレビ朝日系『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』に萬田康介役でレギュラー出演するなど、俳優としても活躍。もともとは迷惑メールに鋭く添削(ツッコミ)を入れるネタを笑いにしてきただけに、この日も「そもそもベン・アフレックにアクションは期待していなかった」と切り込んで笑いを誘った。

 ウルフを演じたアフレックについては「ついに当たり役を発掘した」と力を込め、「ヒーロー像としても新しいし、ベン・アフレックの俳優人生のなかでも見たことがないようなキャラクター。すごいお宝を発見しちゃったような感じ」と熱弁。おぐら氏は「見ている人にはわかりづらいけれど、やっていることはすごい。無駄のない動きをしている」とアクション面でも絶賛していた。



関連写真

  • ベン・アフレック新作の魅力を熱弁した赤ペン滝川こと瀧川英次 (C)ORICON NewS inc.
  • ベン・アフレックのパネルの前で白熱トーク (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ザ・コンサルタント』トークイベントに登場したおぐらとしひろ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ザ・コンサルタント』トークイベントの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス